BIG GAME POLICY 釣りに対する姿勢 会社案内
 
   
 
BIG BLUE CHASE KAZIKI
 
 
HOME KAZIKI カジキの研究報告 カジキ類の分類学的研究( 9 )
 

カジキ類の分類学的研究( 9 )

京都大学みさき臨海研究所特別報告別冊
Misaki Marine Biological Institute Kyoto University Special Report
No.4, pp.1〜95 June 10, 1968

中村泉・岩井保・松原喜代松:カジキ類の分類学的研究
NAKAMURA, I., T. IWAI K. MATSUBARA: A Review of the Sailfish, Spearfish, Marlin and Swordfish of the World

 
クチナガフウライ Tetrapturus pfluegeri(ROBINS and DE SYLVA)
本種は長い間 Tetrapturus belone と混同されていたが(第6表:クチナガフウライの学名の変遷)、1963年にはじめてROBINS and DE SYLVAによって新種 Tetrapturus pfluegeri として報告された。LA MONTE(1945)、MAUL(1948)、BRIGGS(1958)、SCHWARTZ(1961)などは本種を Tetrapturus belone として報告した。FOWLER(1936)、ROSA(1950)、ROBINS(1958)、ROBINS and DE SYLVA(1960)、TORTONESE(1962)、PERONACI(1966)などは Tetrapturus pfluegeri と、 Tetrapturus belone の分布域に言及しながら、両種を同一種とみなし、これらに Tetrapturus belone を適用した。
属名として TetrapturusとTetrapterus 以外のものが適用されたことはない(第6表)。現在では Tetrapterus は用いられていない。
 

●種の記載
記載は成魚について行なった。この類は成長に伴う形態の変化がいちじるしいので、稚仔魚についての詳しいことはそれぞれの種の記載のところに主な文献をあげたので、それらを参照されたい。稚仔魚についての総括的な研究はJONES and KUMARAN(1962a)、UEYANAGI(1962b)、上柳(1963a)などによってなされた。

呼称
クチナガフウライ(HOWARD and UEYANAGI、1963)。
Longbill spearfish(ROBINS and DE SYLVA、1963)。

外部形質
第1背鰭44〜50鰭条。第2背鰭6〜7軟条。第1臀鰭13〜17鰭条。第2臀鰭6〜7軟条。胸鰭17〜21軟条。腹鰭1棘2軟条。
体は延長し(体長は体高のほぼ6.6〜9.7倍)、側扁度が著しい(体長は体幅のほぼ11.8〜21.3倍)。吻はやや長く(頭長は上顎長のほぼ0.9〜1.2倍)、その横断面はほぼ丸い。体表は細長い骨質鱗をこうむり、鱗の先端はやや開き2〜5尖頭に分かれ、それらの鱗が体表に密に分布する(第1図・E・F)。両顎および口蓋骨に微小な鑪状歯が存在する。側線は胸鰭の上あたりで湾曲し、以後尾部まで直走する。頭は大きく(体長は頭長のほぼ4.0〜4.4倍)、眼は中庸大。第1背鰭起部から眼前部にいたる頭部外縁はほぼ一直線状。尾鰭は強大で深く二叉し、尾柄部付近の両側にそれぞれ2条ずつ隆起線がある。胸鰭はやや下位で長く(頭長は胸鰭長のほぼ1.0〜1.4倍)、その形には個体変異が多く、その先端は丸いものが多い。第1背鰭は前鰓蓋骨後縁の上方に始まり、前端部は体高より高く、その後でやや低くなり、以後ほぼ同じ高さを保って第2背鰭起部の直前で終わる。第1背鰭の形態にも個体変異が多い。第1臀鰭はやや大きく先端は丸味を帯びることが多く、その形には個体変異が多い。第18図に各鰭の個体変異の様子を示す。第2背鰭と第2臀鰭はほぼ同形同大であり、後者の方が前者より基底の1/3ほど前方に位置する。腹鰭は胸鰭とほぼ同長か、それよりやや長い。
第1背鰭の鰭膜は濃青色で斑点はない。第2背鰭も濃青色。胸鰭は黒褐色、時に灰白色を帯びる。第1臀鰭は先端部が濃青色で基底部が灰白色。第2臀鰭は先端部が黒褐色で、基底部が銀白色。尾鰭は黒褐色。腹鰭は黒青色。体の背側は黒青色、体側はやや褐色がかった銀白色、腹側は銀白色である。

第18図 
クチナガフウライ Tetrapturus pfluegeri の外形。各鰭の個体変異を示す。中部大西洋域の体長1.5m前後の個体。
  第1図
マカジキ科魚類の鱗の配列の模式図。
A. バショウカジキ(成魚) Istiophorus platypterus 
B. バショウカジキ(若魚)Istiophorus Platypterus
C. ニシバショウカジキIstiophorus albicans
D. フウライカジキTetrapturus angustirostris
E・F. クチナガフウライTetrapturus pfluegeri
G. ニシマカジキ Tetrapturus albidus
H. マカジキ(成魚)Tetrapturus audax
I. マカジキ(若魚)Tetrapturus audax
J. クロカジキ Makaira mazara
K. ニシクロカジキ Makaira nigricans
L. シロカジキ Makaira indica
 
内部形質
嗅房は放射状でほぼ46〜50の嗅板からなる。嗅板上に肉眼で毛細血管の分布が認められない(第4図・E)。内臓の形態はほぼバショウカジキのものと同じであるが、生殖腺は左右不相称でY字型をなし、左側の生殖腺の方が右側のものより大きい。肛門は第1臀鰭よりかなり前方に位置する。
頭蓋骨は強固で吻部が延長し、眼後部が短く、全体として細長い。せつじゅ隆起と翼耳骨隆起は額骨との縫合付近でかなり接近する。鋤骨腹面と副楔骨腹面の前端部はやや幅狭い。額骨上に細長い小さな隆起線が発達する。
脊椎骨中央部の血管棘および神経棘はやや脊の高い平行四辺形で、翼状突起の発達が悪い(第7図・E)。脊椎骨数は12+12=24。
  第4図
カジキ類の嗅房の模式図。
A〜C. メカジキ Xiphias gladius 
D. ニシバショウカジキ Istiophorus albicans 
E. クチナガフウライ Tetrapturus pfluegeri 
F. ニシマカジキ Tetrapturus albidus 
G・H. ニシクロカジキ Makaira nigricans 1. 軸(axis) 2. 嗅板(nasal lamina)の側面図。
第7図
カジキ類の中央部脊椎骨の模式図。側面図および腹面図。腹面図は翼状突起の発達の様子を示す。
A. メカジキ Xiphias gladius B. バショウカジキ Istiophorus platypterus C. ニシバショウカジキ Istiophorus albicans D. フウライカジキ Tetrapturus angustirostris E. クチナガフウライ Tetrapturus pfluegeri F. ニシマカジキ Tetrapturus albidus G. マカジキ Tetrapturus audax H. クロカジキ Makaira mazara I. ニシクロカジキ Makaira nigricans J. シロカジキ Makaira indica
 

最大体長
ROBINS and DE SYLVA(1963)の測定した最大のものは体長180.7cm、本研究で測定した最大のものは体長183.7cmであった。

分布
本種は1963年にROBINS and DE SYLVAにより新種として発表された。当時その生活圏は南ニュージャージーからベネズエラ、およびテキサスからプエルトリコの海域に限られているとされていた。その後の調査で北西大西洋の米国東岸沖での漁獲が報告されている(Anonymous、1964a、1964b)。照洋丸第15次航海の延縄漁業調査で南大西洋で本種を数多く漁獲した。また照洋丸第16次航海で本種10数尾を北東大西洋および北大西洋中部において漁獲した。

付記
本種の和名は1963年2月18日〜22日に高知市で行なわれたマグロ漁業研究協議会でクチナガフウライと提唱された(HOWARD and UEYANAGI1963)。
本種の体長36.8cmの個体がROBINS and DE SYLVA(1963)によって報告されたが、それより小さい個体についての研究はない。

 
カジキの研究報告
   
カジキの類の分類
カジキの類の幼期の形態と生態
伊豆近海における突棒漁業とカジキ類の摂餌生態
太平洋のマカジキ資源
太平洋のクロカジキ資源について
世界のかじき類の漁業とその資源について
カジキ・ギネスブック&小事典
マグロ類の分類学的研究( 1 )( 2 )( 3 )( 4 )( 5 )( 6 )( 7 )( 8 )( 9 )
カジキ類の分類学的研究( 1 )( 2 )( 3 )( 4 )( 5 )( 6 )( 7 )( 8 )( 9 )( 10 )( 11 )( 12 )( 13 )( 14 )
上顎の短いクロカジキ
ポップアップ式衛星通信型タグとは?
アーカイバルポップアップタグの可能性について
アルゴスシステムによるポップアップタグのデータ収集、その実際
カジキのトロウリングと我が国の漁業関係法令
かじき類への通常標識の装着について
Still Missing!? ポップアップタグ、未だ浮上せず !!
カジキをもっと知るために〜遠洋水産研究所からのお願い〜
ビッグゲームを取り巻く環境と制度について( 1 )( 2 )( 3 )( 4 )( 5 )( 6 )( 7 )( 8 )( 9 )( 10 )( 11 )( 12 )( 13 )( 14 )( 15 )( 16 )( 17 )( 18 )( 19 )
釣ったカジキの重量は !?
 
 
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2006 HATTEN-SHIYOH All Rights Reserved.