BIG GAME POLICY 釣りに対する姿勢 会社案内
 
   
 
BIG BLUE CHASE KAZIKI
 
 
HOME KAZIKI カジキの研究報告 カジキ類の分類学的研究( 2 )
 

カジキ類の分類学的研究( 2 )

京都大学みさき臨海研究所特別報告別冊
Misaki Marine Biological Institute Kyoto University Special Report
No.4, pp.1〜95 June 10, 1968

中村泉・岩井保・松原喜代松:カジキ類の分類学的研究
NAKAMURA, I., T. IWAI K. MATSUBARA: A Review of the Sailfish, Spearfish, Marlin and Swordfish of the World

 
●カジキ上科魚類の形態
体は延長形で巨大になり、マカジキ科魚類では多少とも側扁するが(第9図・B〜K)、メカジキ科魚類ではほとんど側扁しない(第9図・A)。
 
第9図
カジキ類の外部形態。各図の右側の図はそれぞれの胸鰭基部における側扁度を表わす。矢印は検索の際に重要な点を示す。A. メカジキ Xiphias gladius B. バショウカジキ Istiophorus platypterus C. ニシバショウカジキ Istiophorus albicans D. フウライカジキ Tetrapturus angustirostris E. チチュウカイフウライ Tetrapturus belone F. クチナガフウライ Tetrapturus pfluegeri G. ニシマカジキ Tetrapturus albidus H. マカジキ Tetrapturus audax I. クロカジキ Makaira mazara J. ニシクロカジキ Makaira nigricans K. シロカジキ Makaira indica
 
マカジキ科魚類では体と鰓蓋骨上に真皮中に埋没し表皮を被った細長い骨質鱗を有するが(第1図…この類の鱗を個々に取り出した場合、表層鱗や変形鱗があり、その形態は千差万別である。表面から見える鱗の配列の型を観察すると、配列の型に各々の種の特徴が表われている)、メカジキ科魚類では稚仔魚期から若魚期にかけてのみ体は棘状鱗でおおわれ、成魚になるにしたがって鱗は退化消失の傾向を示す。
  第1図
マカジキ科魚類の鱗の配列の模式図。
A. バショウカジキ(成魚) Istiophorus platypterus 
B. バショウカジキ(若魚)Istiophorus Platypterus
C. ニシバショウカジキIstiophorus albicans
D. フウライカジキTetrapturus angustirostris
E・F. クチナガフウライTetrapturus pfluegeri
G. ニシマカジキ Tetrapturus albidus
H. マカジキ(成魚)Tetrapturus audax
I. マカジキ(若魚)Tetrapturus audax
J. クロカジキ Makaira mazara
K. ニシクロカジキ Makaira nigricans
L. シロカジキ Makaira indica
 
メカジキで最も特徴的なのは鼻骨・篩骨・主上顎骨・額骨などで支えられた前上顎骨がいちじるしく伸長し、剣状の吻を形成することである(第2図)。下顎もやや突出する。
第2図
メカジキ Xiphias gladius (A)およびフウライカジキ Tetrapturus angustirostris (B)の頭蓋骨背面図。
1.鼻骨(nasal) 2. 前上顎骨(premaxillary) 3. 主上顎骨(maxillary) 4. 篩骨(ethmoid) 5. 額骨(frontal) 6. 楔耳骨(sphenotic) 7. 上後頭骨(supraoccipital) 8. ろ頂骨(parietal) 9. 翼耳骨(pterotic) 10. 上耳骨(epiotic) 11. 外後頭骨(exoccipital)。
 
吻はメカジキ科魚類では縦扁して巾広く、剣状であるが、マカジキ科魚類では伸長した円錐状で、長く尖った槍形を呈する。両顎にマカジキ科の魚類では鑢状歯があるが、メカジキ科のものでは成長とともに歯は退化消失の傾向を示す。
側線はマカジキ科魚類では生涯存在するが、メカジキ科魚類では成魚になるにしたがい退化消失の傾向を示し不明瞭になる。
主上顎骨は前上顎骨に重なり、吻は伸出不能である。口裂は大きく主上顎骨の後縁は眼下を越す。
背鰭と臀鰭はそれぞれ2基あり、幼期にはそれぞれ連続する。しかし第1・第2の両背鰭はメカジキ科魚類の成魚ではいちじるしく離れるが、マカジキ科魚類の成魚ではそれほど離れていない。
第1背鰭と第1臀鰭とはマカジキ科の魚類では溝中にたたみこむことができるが、メカジキ科のものでは溝は発達していない。
胸鰭は下位でよく発達する。
胸鰭はメカジキ科の魚類にはないが、マカジキ科のものでは1棘2軟条からなり固く接着して紐状となり、腹鰭溝中にたたみこむことができる。
尾鰭は大きくて広く二叉し、下尾軸骨に深く接着する。尾柄部両側にメカジキ科魚類では1個ずつ、マカジキ科魚類では2個ずつの尾柄隆起がある。メカジキ科魚類は尾柄部背側と腹側に1個づつの欠刻を有するが、マカジキ科魚類は欠刻を有しない。
鰓は4個で第4鰓弓の後部に1裂孔を有する。鰓弁は4対の鰓弓に発達し、各鰓弁の間に鰓弁条(gill ray)が存在する。鰓耙はない。偽鰓がある。鰓条骨は7本。左右の鰓膜はマカジキ科の魚類では合するが、メカジキ科のものでは離れ、ともに峡部から分離する。
マカジキ科の魚類では口蓋骨に刷毛状の小歯が存在するが、メカジキ科のものでは存在しない。
一般に仔魚期に、この類は大形の棘を前鰓蓋骨に有するが、成長とともにこの棘は消失してしまう。
鼻孔は各側に2個あり、前鼻孔は孔状で小さく、後鼻孔は三角形でやや大きい。前鼻孔と後鼻孔は相接近してその中間に小さな鼻弁が存在する。鼻腔はあまり広くなく、後下方に延長して、主上顎骨と涙骨の下へ達する副嚢をそなえる(第3図)。鼻腔前部の前鼻孔下に嗅板(olfactory lamina)が放射状にならび嗅房(olfactory rosette)を形成する。嗅房の形態はメカジキ科魚類およびマカジキ科魚類を通じてよく似ているが(第4図)、嗅板の数が前者ではほぼ36〜39であるのに対して、後者では50前後である。

第3図
バショウカジキ Istiophorus platypterus の鼻孔切開図。
1. 前鼻孔(anterior naris) 2. 後鼻孔(posterior naris) 3. 嗅房(olfactory rosette) 4. 鼻骨(nasal) 5. 額骨(frontal) 6. 前上顎骨(premaxillary) 7. 主上顎骨(maxillary) 8. 副嚢(accessory nasal sac) 9. 鼻腔(nasal cavity) 10. きょう膜(sclera) 11. 涙骨(lachrymal) 12. 上主上顎骨(supramaxillary)。
 
第4図
カジキ類の嗅房の模式図。
A〜C. メカジキ Xiphias gladius D. ニシバショウカジキ Istiophorus albicans E. クチナガフウライ Tetrapturus pfluegeri F. ニシマカジキ Tetrapturus albidus G・H. ニシクロカジキ Makaira nigricans 1. 軸(axis) 2. 嗅板(nasal lamina)の側面図。
 
内耳は魚体に比較して小さく、延髄の両側に位置する。3個の半規管と、通嚢、小嚢よりなるが、壷ははっきりしない(第5図)。クチナガフウライ5個体とニシマカジキ1個体の内耳を調べた限りでは耳石を見つけることはできなかった。

第5図
クチナガフウライ Tetrapturus pfluegeri の内耳模式図。
1. 前半規管(anterior vertical canal) 2. 後半規管(posterior vertical canal) 3. 水平半規管(horizontal canal) 4. 通嚢(utriculus) 5. 小嚢(sacculus)。
 
マカジキ科魚類の腹腔はいちじるしく長く、肛門を越えて第2臀鰭基底中間まで達するが、メカジキ科魚類の腹腔は短く、その後端は第1臀鰭起部前方で終る。
胃はきわめて伸縮性に富み、非常に長大で、とくに空胃時には延長する傾向がある。幽門垂は大きく、多数の小盲管に分枝し、その数は無数(第6図)。
肝臓はマカジキ科魚類では左右両葉が非常に長く、中葉が非常に短く小さいが(第6図・B)、メカジキ科魚類では中葉が少し突出する程度で左右両葉は不明瞭である(第6図・A)。胆嚢はマカジキ科魚類では非常に細長く、メカジキ科魚類では先端部が長楕円形である。
  第6図
カジキ類の内蔵腹面模式図。
A. メカジキ Xiphias gladius 
B. バショウカジキ Istiophorus platypterus 
1. 肝臓(liver) 2. 幽門垂(pyloric caeca) 3. 胃(stomach) 4. 胆嚢(gall bladder) 5. 腸(intestine) 6. 直腸(rectum) 7. 肛門(vent) 8. 脾臓(spleen)。
 
脾臓は大きく、マカジキ科の魚類では腹側から見えるが、メカジキ科のものでは胆嚢の裏側に位置しているので腹側から見えない。鰾はマカジキ科魚類では多くの泡沫状の小室からなり、ほぼ腹腔の背壁の全域にわたり後端は第2臀鰭起部あたりにまで達するが、メカジキ科魚類では単室で、その後端は肛門のあたりで終る。
腸はメカジキ科魚類では幾重にも折れ曲がり、直腸部がきわめて太いが、マカジキ科魚類では2つの湾曲部を有するのみで直腸部は太くならない。
生殖巣は左右相称であるが、マカジキ科魚類のうちでフウライカジキとクチナガフウライ(恐らくチチュウカイフウライも)のみは左右不相称でY字型を示す。
腎臓は脊椎骨の下に位置し、細長い。一般に輪尿管の末端は著しく膨大し膀胱を形成する。
筋肉はマカジキ科魚類では多少とも赤味をおびるが、メカジキ科魚類では油気に富み、白っぽい。
頭蓋骨は強固で、吻部が延長し眼後部がつまっている(第2図)。額骨・前額骨・鼻骨・主上顎骨などは長く突出した前上顎骨を支える。
メカジキ科魚類では頭蓋骨後端に短い上後頭骨隆起があるが、マカジキ科魚類では上後頭骨隆起はほとんど発達しない。
メカジキ科魚類ではせつじゅ隆起と翼耳骨隆起は頭蓋骨背面後端部でやや発達するのみで、上耳骨と翼耳骨の後突起はほとんど発達しない(第2図・A)。マカジキ科のものではせつじゅ隆起と翼耳骨隆起が発達し、上耳骨と翼耳骨の後突起の後方への突出もいちじるしい(第2図・B)。
マカジキ科魚類では歯骨の前端に1個の前歯骨(predentary)があるが、メカジキ科魚類にはこれがない。
鼻骨はマカジキ科魚類では巾広くて短く、額骨・篩骨・前額骨などにかこまれるが、メカジキ科のものでは細長く、吻にそって延長する。
篩骨は細長く延長し、後端は左右の額骨にはさまれる。
主上顎骨は前上顎骨に固着する。したがって口は伸出不能である。
左右のろ頂骨の間に上後頭骨が位置するので左右のろ頂骨は直接接しない。
動眼筋室の開口はきわめて広いが奥行はあまりない。
頭蓋骨背面はメカジキ科魚類ではほぼ平坦であるが、マカジキ科魚類では額骨後部が円屋根状に多少背方へ膨出し、その外側に1対のせつじゅ隆起と翼耳骨隆起が発達する。副楔骨には眼窩中へ隆起するが、それはマカジキ科の魚類では薄くて高く、メカジキ科のものでは厚くて低い。
副楔骨腹面の前端部と鋤骨腹面は平坦である。
基底楔骨はメカジキ科魚類では腹方突起を欠くが、マカジキ科魚類では基底楔骨の腹方突起は副楔骨の背方突起と合す。
副楔骨の後半部に背方に伸びる突起がある。
脊椎骨数はマカジキ科魚類では24であるが、本科魚類のうちクロカジキ属 Makaira のもので11+13=24、その他の属のもので12+12=24である。メカジキ科魚類では16+10=26または15+11=26である(GREGORY and CONRAD(1937)によると15+11=26。中村(1938)および堀田(1961)によれば16+10=26)
マカジキ科魚類では脊椎骨中央部の神経棘および血管棘は扁平であり、前神経関節突起は水平で長く前方に伸び、対側のものとの間に1溝を形成し、その中へ直前の脊椎骨の神経棘がはまりこむ(第7図・B〜J)。尾椎腹面にも第1番目を除くと、それぞれに水平に前方に延長した前血管関節突起があり、対側のものとの間に1溝を形成し、その中へ直前の脊椎の血管棘が挿入されている。後神経関節突起および後血管関節突起はほとんど突出しない。肋骨はやや突出した側突起の前部で椎体に関節する。
メカジキ科魚類では脊椎骨中央部の神経棘も血管棘もやや扁平な棘状を呈するのみである(第7図・A)。神経棘と血管棘はそれぞれ上後方および下後方へ突出している。前神経関節突起は斜上前方へ突出し、その直前の脊椎骨の神経棘とわずかに重なり合っている。後神経関節突起も斜後上方へ伸び、その長さは前神経関節突起よりやや短い。前血管関節突起と後血管関節突起はほとんど突出しない。肋骨は太くて短い側突起から発している。
翼状突起(lateral apophysis…この用語に関しては上柳・渡辺(1965)を参照のこと)はマカジキ科の魚類では多少とも発達するが、メカジキ科のものでは全く発達しない。
第7図
カジキ類の中央部脊椎骨の模式図。側面図および腹面図。腹面図は翼状突起の発達の様子を示す。
A. メカジキ Xiphias gladius B. バショウカジキ Istiophorus platypterus C. ニシバショウカジキ Istiophorus albicans D. フウライカジキ Tetrapturus angustirostris E. クチナガフウライ Tetrapturus pfluegeri F. ニシマカジキ Tetrapturus albidus G. マカジキ Tetrapturus audax H. クロカジキ Makaira mazara I. ニシクロカジキ Makaira nigricans J. シロカジキ Makaira indica
 
下尾軸骨は板状を呈し、その後縁の中央部に深い欠刻がある。メカジキ科魚類では最初の1個と最後の2個の下尾軸骨が下尾軸骨板と分離しているが(第8図・A)、マカジキ科魚類では全ての下尾軸骨は癒合して完全な下尾軸骨板を形成する(第8図・B)。
第8図
カジキ類の尾部骨格。
A. メカジキ Xiphias gladius B. ニシバショウカジキ Istiophorus albicans 1. 第1番目の下尾軸骨(first hypural) 2. 下尾軸骨板(hypural plate) 3. 最後から2番目の下尾軸骨(hypural before last) 4. 最後の下尾軸骨(last hypural)。
 
カジキの研究報告
   
カジキの類の分類
カジキの類の幼期の形態と生態
伊豆近海における突棒漁業とカジキ類の摂餌生態
太平洋のマカジキ資源
太平洋のクロカジキ資源について
世界のかじき類の漁業とその資源について
カジキ・ギネスブック&小事典
マグロ類の分類学的研究( 1 )( 2 )( 3 )( 4 )( 5 )( 6 )( 7 )( 8 )( 9 )
カジキ類の分類学的研究( 1 )( 2 )( 3 )( 4 )( 5 )( 6 )( 7 )( 8 )( 9 )( 10 )( 11 )( 12 )( 13 )( 14 )
上顎の短いクロカジキ
ポップアップ式衛星通信型タグとは?
アーカイバルポップアップタグの可能性について
アルゴスシステムによるポップアップタグのデータ収集、その実際
カジキのトロウリングと我が国の漁業関係法令
かじき類への通常標識の装着について
Still Missing!? ポップアップタグ、未だ浮上せず !!
カジキをもっと知るために〜遠洋水産研究所からのお願い〜
ビッグゲームを取り巻く環境と制度について( 1 )( 2 )( 3 )( 4 )( 5 )( 6 )( 7 )( 8 )( 9 )( 10 )( 11 )( 12 )( 13 )( 14 )( 15 )( 16 )( 17 )( 18 )( 19 )
釣ったカジキの重量は !?
 
 
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2006 HATTEN-SHIYOH All Rights Reserved.