BIG GAME POLICY 釣りに対する姿勢 会社案内
 
   
 
BIG BLUE CHASE KAZIKI
 
 
HOME KAZIKI カジキの研究報告 カジキ類の分類学的研究( 10 )
 

カジキ類の分類学的研究( 10 )

京都大学みさき臨海研究所特別報告別冊
Misaki Marine Biological Institute Kyoto University Special Report
No.4, pp.1〜95 June 10, 1968

中村泉・岩井保・松原喜代松:カジキ類の分類学的研究
NAKAMURA, I., T. IWAI K. MATSUBARA: A Review of the Sailfish, Spearfish, Marlin and Swordfish of the World

 
ニシマカジキ Tetrapturus albidus(POEY)
POEY(1860)はキューバからえたものに Tetrapturus albidus なる新学名を与えた。その後、CANESTRINI(1861a)がリグリア海からえた標本に基づいて Tetrapturus lessonae を新種として記載し、これはGOODE(1880、1882)、DESBROSSES(1938)などによって認められたが、現在、これは Tetrapturus albidus の異名とされている。また Tetrapturus imperatorT. imperatur および T. georgii などが本種に対して適用されたことがあったが、最近ではこれらの学名はすべて認められていない(第7表:ニシマカジキの学名の変遷)
本種に対する属名として、最初は Tetrapturus が用いられ、その後 Makaira も用いられるようになり、最近では Tetrapturus を用いる研究者と Makaira を用いる研究者が相半ばしているという状態である(第7表)。なおSMITH(1956a)は本種に対し新属 Lamontella を設けたが、これは一般には認められていない。
 

●種の記載
記載は成魚について行なった。この類は成長に伴う形態の変化がいちじるしいので、稚仔魚についての詳しいことはそれぞれの種の記載のところに主な文献をあげたので、それらを参照されたい。稚仔魚についての総括的な研究はJONES and KUMARAN(1962a)、UEYANAGI(1962b)、上柳(1963a)などによってなされた。

呼称
White marlin(英領西インド諸島);Aguja blanca、Cabezonna、Blanca、Aguja de paladar(キューバ);White marlin、Billfish(アメリカ)。

外部形質
第1背鰭38〜46鰭条。第2背鰭5〜6軟条。第1臀鰭12〜17鰭条。第2臀鰭5〜6軟条。胸鰭18〜21軟条。腹鰭1棘2軟条。
体は延長し(体長は体高のほぼ5.6〜7.3倍)、側扁度がやや著しい(体長は体幅のほぼ11.4〜19.4倍)。吻は長く(頭長は上顎長のほぼ0.78〜0.99倍)、その横断面はほぼ円形。鱗は体表に密に分布し、その先端は鋭く尖る(第1図・G)。両顎と口蓋骨に微小な鑪状歯が存在する。側線は胸鰭の上あたりで湾曲し、それより後方部は直走して尾鰭基部にいたる。頭は大きく(体長は頭長の3.7〜4.3倍)、眼は中庸大。第1背鰭起部から眼前部にいたる頭部外縁はやや隆起する。尾鰭は強大で深く二叉し、尾柄部付近の両側に2条ずつ隆起線がある。胸鰭はやや下位で長く(頭長は胸鰭長のほぼ0.9〜1.5倍)、先端は多少とも丸味を帯び、その形は個体変異にとむ。第1臀鰭はやや大きく、その先端は多少とも丸味を帯び、その形は変異に富む。第20図に各鰭の個体変異の様子を示す。第2背鰭と第2臀鰭はほぼ同形同大であり、後者の方が前者よりやや前方に位置する。腹鰭は胸鰭とほぼ同長である

第20図 
ニシマカジキ Tetrapturus albidus の外形。各鰭の個体変異を示す。中部大西洋域の体長1.5m前後の個体。
  第1図
マカジキ科魚類の鱗の配列の模式図。
A. バショウカジキ(成魚) Istiophorus platypterus 
B. バショウカジキ(若魚)Istiophorus Platypterus
C. ニシバショウカジキIstiophorus albicans
D. フウライカジキTetrapturus angustirostris
E・F. クチナガフウライTetrapturus pfluegeri
G. ニシマカジキ Tetrapturus albidus
H. マカジキ(成魚)Tetrapturus audax
I. マカジキ(若魚)Tetrapturus audax
J. クロカジキ Makaira mazara
K. ニシクロカジキ Makaira nigricans
L. シロカジキ Makaira indica
 
内部形質
嗅房は放射状でほぼ44〜50の嗅板からなる。嗅板上にはっきりとした毛細血管の分布が認められない(第4図・F)。内臓の形態はほぼバショウカジキのものと同様であり、生殖巣は左右相称である。肛門は第1臀鰭起部の直前に開く(やや前方に開く個体も若干見られた)。
頭蓋骨は強固で吻部が延長し、眼後部が短く全体としてやや細長い形をそなえる。鋤骨腹面および副楔骨腹面の前端部はやや幅が狭い。せつじゅ隆起と翼耳骨隆起はほぼ平行する。額骨背面上に細長い小さい隆起線がやや発達する。
  第4図
カジキ類の嗅房の模式図。
A〜C. メカジキ Xiphias gladius 
D. ニシバショウカジキ Istiophorus albicans 
E. クチナガフウライ Tetrapturus pfluegeri 
F. ニシマカジキ Tetrapturus albidus 
G・H. ニシクロカジキ Makaira nigricans 1. 軸(axis) 2. 嗅板(nasal lamina)の側面図。
 
脊椎骨中央部の血管棘および神経棘は脊の高い平行四辺形で、翼状突起の発達は悪い(第7図・F)。脊椎骨数は12+12=24。
第7図
カジキ類の中央部脊椎骨の模式図。側面図および腹面図。腹面図は翼状突起の発達の様子を示す。
A. メカジキ Xiphias gladius B. バショウカジキ Istiophorus platypterus C. ニシバショウカジキ Istiophorus albicans D. フウライカジキ Tetrapturus angustirostris E. クチナガフウライ Tetrapturus pfluegeri F. ニシマカジキ Tetrapturus albidus G. マカジキ Tetrapturus audax H. クロカジキ Makaira mazara I. ニシクロカジキ Makaira nigricans J. シロカジキ Makaira indica
 

最大体長
LA MONTE(1955)およびSCHWARTZ(1961)によると全長または標準体長で約2.6mに達する。本研究で測定した最大のものは体長で205.8mであった。

分布
本種は広く大西洋全域に分布しているが、従来、北大西洋から漁獲された報告が非常に多い(第7表)。地中海からも本種が漁獲された報告がある(TORTONESE、1961、1964;RODORIGUEZ-RODA and HOWARD、1962など)、南大西洋からの本種の明確な漁獲記録がない(T>ALBOT and PENRITH、1962b、1963)が、照洋丸第15次航海において南大西洋のほぼ30°W線を30°Sから10°N付近まで北上しながら13回操業して本種18尾を漁獲した。本種の標識放流の結果(MATHER、1960)、マグロ類が行なうような大移動は認められないようである。

付記
本種の和名は1963年2月18〜22日に高知市で行われたマグロ漁業研究協議会でニシマカジキと提唱された(HOWARD and UEYANAGI、1963)。本種の稚魚はDE SYLVA(1963a)によって報告された。

カジキの研究報告
   
カジキの類の分類
カジキの類の幼期の形態と生態
伊豆近海における突棒漁業とカジキ類の摂餌生態
太平洋のマカジキ資源
太平洋のクロカジキ資源について
世界のかじき類の漁業とその資源について
カジキ・ギネスブック&小事典
マグロ類の分類学的研究( 1 )( 2 )( 3 )( 4 )( 5 )( 6 )( 7 )( 8 )( 9 )
カジキ類の分類学的研究( 1 )( 2 )( 3 )( 4 )( 5 )( 6 )( 7 )( 8 )( 9 )( 10 )( 11 )( 12 )( 13 )( 14 )
上顎の短いクロカジキ
ポップアップ式衛星通信型タグとは?
アーカイバルポップアップタグの可能性について
アルゴスシステムによるポップアップタグのデータ収集、その実際
カジキのトロウリングと我が国の漁業関係法令
かじき類への通常標識の装着について
Still Missing!? ポップアップタグ、未だ浮上せず !!
カジキをもっと知るために〜遠洋水産研究所からのお願い〜
ビッグゲームを取り巻く環境と制度について( 1 )( 2 )( 3 )( 4 )( 5 )( 6 )( 7 )( 8 )( 9 )( 10 )( 11 )( 12 )( 13 )( 14 )( 15 )( 16 )( 17 )( 18 )( 19 )
釣ったカジキの重量は !?
 
 
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2006 HATTEN-SHIYOH All Rights Reserved.