BIG GAME POLICY 釣りに対する姿勢 会社案内
 
   
 
BIG BLUE CHASE KAZIKI
 
 
HOME KAZIKI カジキの研究報告 マグロ類の分類学的研究( 3 )
 
マグロ類の分類学的研究( 3 )
 
京都大学みさき臨海研究所特別報告別冊
Misaki Marine Biological Institute Kyoto University Special Report
No.2, pp.1〜51 February 20, 1965
 
岩井保・中村泉・松原喜代松:マグロ類の分類学的研究
IWAI, T., I. N and K. MATSUBARA: Taxonomic Study of the Tunas
 
ビンナガ (Thunnus alalunga《BONNATERRE》(第1表:ビンナガの学名の変遷)
地中海産の標本にCETTI(1777)はAlalungaという名をつけた。これがビンナガに対する最初の名称である。このCETTIの記載にもとづいてBONNATERRE(1788)がScomber alalungaという種名を発表した。その翌年、GMELIN(1789)がやはりCETTIの記載によってScomber alatunga alalungaのミスプリント)を報告した。1800年にいたってLACE´PE´DEは大西洋産のビンナガと太平洋産のビンナガは別種であると考え、太平洋から得た標本にScomber germongermoのミスプリント)という種名を与えた。太平洋と大西洋とで種を分けるという分類方法はCUVIER(1831)、SOUTH(1845)、GU¨NTHER(1860)、JORDAN and EVERMANN(1926)、あるいはJORDAN、EVERMANN and CLARK(1930)などによって支持されているが、属名・種名は著者によって一致していない。このようにして原記載の発表以降、二・三の新種が追加され、属名もScomberThynnusThunnusGermo、あるいはまたAlbacoraなど、いろいろ用いられてきた。
日本産の標本については北原(1897)はOrcynus germoを、KISHINOUYE>(1923)やGODSIL(1948)はThunnus germoを、岡田・松原(1938)および蒲原(1941;1955)はGermo alalungaを、JORDAN and HUBBS(1925)と中村(1949)はGermo germoを、JORDAN、TANAKA and SNYDER(1913)、岸上(1915)、松原(1955)、冨山・阿部(1958)および阿部(1963)などはThunnus alalungaを用いている。
ビンナガを取扱った記載のうち主なものを年代順にまとめると第1表のようになる。このようにビンナガの学名は一時かなり混乱したが、最近では全世界のビンナガは共通の1種 Thunnus alalungaであるという考え方が強くなってきた(FRASER-BRUNNER 1950;RIVAS 1951;松原 1955;COLLETTE 1962;COLLETTE and GIBBS 1963)。
 

●種の記載
呼称
ビナガ(宮城);カスシビ(三重);カンタ(三重);カンタロオ(三重);トンボ(関西);トンボシビ(関西);ヒレナガ(富山);ビンチョウ(関東)。
Albacore(オーストラリア・カナダ・フィリピン・南アフリカ・米国);Albacora(メキシコ);Albaco´ra(ポルトガル);Albacora cachora(ブラジル);Alalonga(イタリー・ペルー);Longfin albacore(ニュージーランド);Longfin thunny(英国);Atun de aleta larga(チリ);Atu´n blanco(スペイン):Germon(フランス);Weiszer Thun(ドイツ);Длиннокрылый тунец(ソビエト)。

外部形質
第1背鰭13〜14棘。第2背鰭14〜16軟条。背鰭副鰭7〜8。臀鰭14〜15軟条。臀鰭副鰭7〜8。胸鰭31〜34軟条。1縦列の側線鱗数約210。第1鰓弓の鰓耙数:上枝7〜10;下枝18〜22;総計25〜31。
体は紡錘形で(体長は体高の3.6〜4.3倍;尾叉体長は体高の3.7〜4.2倍)、頭は大きい(体長は頭長の3.1〜3.6倍;尾叉体長は頭長の3.2〜3.5倍)。尾部は比較的短く、尾柄部は急に細くなる。全身は小円鱗でおおわれ、胸甲部の鱗は大形である。胸甲は小さくて不明瞭。側線は胸鰭上方でかなり彎曲する。胸鰭は著しく長く(体長は胸鰭長の2.2〜3.0倍;尾叉体長は胸鰭長の2.2〜3.1倍)、通常背鰭の第2副鰭下に達す。ただし、30cmに達しないような個体では胸鰭は短い。第1背鰭と第2背鰭の高さはほぼ等しい。臀鰭は第2背鰭とほぼ同形同大。眼はやや大きい。口裂は大きく、後縁は眼下に達す。歯は小円錐歯で両顎に固着する。嗅房の外半部に肉質隆起が発達する。嗅板の縁辺に切込みがない(第12図A)。
第1背鰭の鰭膜は黄色。第2背鰭および臀鰭は淡黄色。副鰭は淡黄色で黒色帯で縁どられる。尾鰭後縁は白く縁どられる。体の背部は濃青色、腹部は銀白色。

  第12図
マグロ類の嗅房模式図。
A. ビンナガ
B. メバチ
C. クロマグロ(成魚)
D. クロマグロ(若魚)
E. ミナミマグロ
F. キハダ
G. コシナガ
H. タイセイヨウマグロ
 
内部形質
腹腔は比較的狭い。肝臓は3葉よりなり、中葉が最大。肝臓の腹面に多数の脈管条をそなえる。皮膚血管系はよく発達し、第5脊椎骨の位置に始まり後方へ走る。
頭蓋骨は篩骨域で幅狭くなり、やや突出する。上後頭骨隆起はよく発達し、後端は第3脊椎骨上に達す。左右の翼楔骨は腹面で接合するが、眼窩の中央より下へは突出しない。基底後頭骨の後突出部の後縁は直角。
完全血管弧は第10脊椎骨に始まり(第14図A)、脊柱と約45度の角度に前方へ突出する。腹椎骨の後血管関節突起は短く、あまり突出しない。側突起は発達する。とくに第9側突起は水平に突出した後、鋭く下方へ屈折し特徴的である(第14図A)。椎体下孔は小さく、第23脊椎骨に始まる。第1血管棘は側扁する(第14図B)。脊椎骨数:18+21=39。
  第14図
ビンナガの第3〜10脊椎骨腹面(A)と、第17〜21脊椎骨の側面(B)。
1. 側突起 2. 第9側突起 3. 第1完全血管弧 4. 神経棘 5. 第1血管弧。
 

最大体長
マグロ類のうちではあまり大きい方ではなく、体長約120cmに達す。

分布
ビンナガは広範囲の回遊をなし(第15図)、分布域もきわめて広い。全世界の暖海に広く分布するが、比較的北方の海域でも漁獲される。北太平洋では45度N付近まで分布し(OTSU and UCHIDA 1963)、大西洋ではアイルランド北岸からの記録もある(TUCKER1954)。日本近海でも漁獲されるが、外洋性の種類で、日本海にはほとんど生息しない。

第15図
標識放流の結果からみたビンナガの回遊例。線上の数字は所要日数を示す。(OTSU and UCHIDA 1963 の資料による)。
 
付記
本種は太平洋と大西洋とで種を分けられたこともあったが、種々の分類形質を比較検討した結果、全世界のビンナガは1種としてさしつかえないと判断し、ここではT. alalungaとして記載した。
ビンナガは著しく長い胸鰭をはじめとし、尾鰭後縁が白く縁どられることなどいくつかの顕著な特徴をそなえているので、マグロ類のうちでは見誤りの少ない種である。しかし、胸鰭が長いという点にのみ重点をおくと、若魚期にはキハダもメバチもかなり長い胸鰭をそなえているし、30cm以下の標本ではビンナガといっても胸鰭は短く眼も大きくて種の査定を誤ることがあるから注意を要する。
カジキの研究報告
   
カジキの類の分類
カジキの類の幼期の形態と生態
伊豆近海における突棒漁業とカジキ類の摂餌生態
太平洋のマカジキ資源
太平洋のクロカジキ資源について
世界のかじき類の漁業とその資源について
カジキ・ギネスブック&小事典
マグロ類の分類学的研究( 1 )( 2 )( 3 )( 4 )( 5 )( 6 )( 7 )( 8 )( 9 )
カジキ類の分類学的研究( 1 )( 2 )( 3 )( 4 )( 5 )( 6 )( 7 )( 8 )( 9 )( 10 )( 11 )( 12 )( 13 )( 14 )
上顎の短いクロカジキ
ポップアップ式衛星通信型タグとは?
アーカイバルポップアップタグの可能性について
アルゴスシステムによるポップアップタグのデータ収集、その実際
カジキのトロウリングと我が国の漁業関係法令
かじき類への通常標識の装着について
Still Missing!? ポップアップタグ、未だ浮上せず !!
カジキをもっと知るために〜遠洋水産研究所からのお願い〜
ビッグゲームを取り巻く環境と制度について( 1 )( 2 )( 3 )( 4 )( 5 )( 6 )( 7 )( 8 )( 9 )( 10 )( 11 )( 12 )( 13 )( 14 )( 15 )( 16 )( 17 )( 18 )( 19 )
釣ったカジキの重量は !?
 
 
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2006 HATTEN-SHIYOH All Rights Reserved.