BIG GAME POLICY 釣りに対する姿勢 会社案内
 
   
 
BIG BLUE CHASE KAZIKI
 
 
HOME KAZIKI カジキの研究報告 太平洋のマカジキ資源
 
太平洋のマカジキ資源
 

魚住雄二(うおずみゆうじ 遠洋水産研究所浮魚資源部)

太平洋のマカジキの漁業、生物学、そして、資源について概説した。マカジキは、太平洋に馬蹄状に広く分布し、系群は、少なくとも南北太平洋に分かれていると考えられている。はえなわのCPUEを基に行った資源評価では、現在、北太平洋系群はMSYレベルにあること、一方、南太平洋系群の資源はMSYを与えるレベルより下回っていることが示された。

※この論文は1994年9月5日、東京大学海洋研究所講堂において開催されたシンポジウム「カジキ類の分類・生態・資源・漁業」(コンピーナー:中村泉)において発表されたものです。なお同シンポジウムで発表された論文は、月刊海洋/vol.27、No.2、1995にとりまとめられています。バックナンバー等のお問い合わせは月刊海洋(住所:東京都日野市三沢3丁目45-9 TEL:0425-94-2654)まで。

1.はじめに

マカジキ(Tetraptrus audax)は、太平洋及びインド洋に分布し、大西洋に分布するニシマカジキ(Tetraptrus albidus)と区別されている。マカジキは、日本沿岸でも古くから利用されており、刺身材としてはかじき類の中で最も珍重されている。遠洋はえなわ船についても、急速冷凍機などの開発により遠洋水域のマカジキについても高品質で刺身材として供給できるようになり、利用価値は更に高まった。今回は、太平洋のマカジキの生物学及び資源の動向について検討を加えた結果について述べる。

2.マカジキの漁獲


図1 マカジキ類(マカジキ+ニシマカジキ)の大洋別漁獲量(FAO Year Bookより)
 
図2 太平洋におけるマカジキの国別漁獲量(FAO Year Bookより)
 

図3 大平洋における日本のマカジキの漁法別漁獲量(農林統計より)
 

FAOの漁獲統計を用いて、マカジキ類の大洋別の漁獲量を図1に示した。この図からも明らかなように、太平洋の漁獲量が圧倒的に多く、全体の75〜90%を占めている。1960年代中頃は、全体で、3万トンを越える漁獲があったが、インド洋及び大西洋では、1960年代後半に漁獲は、急速に減少した。また、太平洋についても、1970年代前半に半減した。その後、1万5000トン前後で、やや減少傾向を示しつつも比較的安定した漁獲が得られている。
漁獲の中心とも言える太平洋について、国別の漁獲量を図2に挙げた。日本による漁獲が圧倒的で、70〜90%を占めている。次に台湾、韓国と続くが、韓国の漁獲量は極めて少ない。
圧倒的な漁獲量を揚げている日本のマカジキの漁法別漁獲量を農林統計を基に示したのが図3である。漁法別に見ると、はえなわ、大目流し網の2つの漁法で90%以上となっていることが分かる。大目流し網は、極めて古い歴史をもっているが、第2次大戦後は、1970年代に入って再開され、その後、急速に発達した。当初は、日本沿岸から沖合にかけて、マカジキやメカジキを対象とした操業が行われていたが、1980年代以降は、その主要対象魚がビンナガ、そして、カツオへ変わり、カジキ類の漁獲量もそれにつれて減少した。なお、大目流し網漁業は、国連決議に従って1992年12月末をもって公海域における操業を中止している。一方、はえなわについては、4000トンから8000トンと大きな変動は示すが、過去20年の漁獲には顕著な傾向は伺えない。その他、突きん棒や定置網などによる漁獲が沿岸で揚げられているが、その割合は極めて低い。突きん棒の漁獲も1980年代中頃をピークに近年は減少傾向にある。

3.マカジキの生物学的特性

太平洋のマカジキについて、大まかな生物学的特性を以下に示す。マカジキの高密度域は北緯20〜30°及び南緯20〜30°、更に、メキシコからペルーにかけて存在する。これらは、たがいに連続して、太平洋全体としては、馬蹄形の分布をしている。
系群構造については、上村・本間(1958)、Wares and Sakagawa(1974)などが行った胸鰭長のアロメトリーの水域間の比較の結果から、マカジキは、南北太平洋に異なった系群が存在し、両者が、東部太平洋で混合している可能性が示唆されてきた。最近のmt-DNAを用いた研究によるとハワイ周辺とカリフォルニア周辺、ペルー沖、そして、サンゴ海から得られた標本の間に有意な遺伝的差異が認められている(Graves and McDowell, in press)。この結果は、形態の研究から得られていた南北太平洋間の違いを裏づけるものであり、更に、より地域的な系群の存在を示唆するものである。
移動回遊については、主として体長組成及びCPUEの季節的な変化から、北太平洋では小型魚の東部水域への移動、そして、大型魚の西部水域への移動などが推定されている。また、産卵場への南北回遊も指摘されている。しかし、これらの結果は遺伝学的研究結果と矛盾する点もあり、今後の詳細な検討が必要であろう。また、バイオテレメトリーによる研究も行われており、その結果によると、マカジキは夜半から朝にかけて活動が低下し、「睡眠」を取ると推定されている。また、ほとんどの活動水深は40m以浅の躍層よりも上部の混合層であることなどが確認されている(Holts and Bedfold, 1990)。
成長に関しては、体長組成に現れるモードを基にした解析が行われている(古籐、1963;Skillmanand Yong, 1976)。これらによると、成長は眼窩長(目の後端からの長さ、Eye-folk length)で1歳で64cm、3歳で150cm、5歳で200cmに達すると推定されている。寿命は10才程度であろうと推定されている(古籐、1963)。最大体長は眼窩長で290cmに達する。160cm前後で約50%程度の個体が成熟すると推定されている。これは年齢にすると3歳から4歳に相当する。産卵場は稚仔魚の出現から西部太平洋の南北それぞれ緯度20°前後の海域にあると推定されている。今まで、東部水域での産卵の卵・稚仔などの採集による直接的な証明は得られていないが、卵巣の成熟状態から一部の個体の産卵の可能性が指摘されている。産卵期は北太平洋では4〜6月頃、南太平洋では10〜12月頃と推定されている。

4.資源の動向

 

図4 標準化された日本はえなわによるマカジキのCPUE。上段:北太平洋、下段:南太平洋。太線はCPUE、細線はその95%信頼限界
 

日本のはえなわ資料を用いて本種の資源の状態について若干の検討を行った。なお、この結果は暫定的なものであり、今後より詳細な検討を必要としていることに留意していただきたい。なお、系群として、今回はSuzuki(1990)に準じて南北2系群として取り扱った。

1)日本はえなわ漁業によって漁獲されたマカジキCPUEの経年変化

一般に、漁業によって得られたCPUEは、漁場・漁期に関して歴史的な変化の影響を受ける場合が多く、この変化がCPUEに影響を与え、資源豊度の変化を追跡することを妨げることがしばしば生じる。そのため、CPUEを資源豊度の指標として用いる場合、漁場や主対象魚種、操業時期などの変化による影響を取り除き、資源量の変化のみを取り出す標準化と言う作業を行う。今回は、この標準化の方法として、一般線形化法を用いた。なお、本手法の概略については、平松(1994)を参照されたい。
日本のはえなわ漁業は、1970年中頃からメバチを漁獲するために、深縄による操業を行うようになった。この深縄による操業は、前述したように、表層に主として分布しているマカジキのCPUEを見かけ上大幅に低下させると予想される。また、同じ水域でも対象魚種の違いがマカジキのCPUEへ影響する可能性もあろう。今回は、このようなことを考慮して、主効果として、年、季節(四半期)、水域、枝縄数(深縄効果)、ビンナガ・メバチ・キハダのCPUEを用いて標準化を試みた。解析の詳細については、ここでは省略する。そして、ここで得られた「年の効果」が他の要因による影響を取り除いた資源豊度の経年変化を示す指標となるわけである。
得られた標準化されたCPUEの経年変化を図4に示した。北太平洋のCPUEは、1950年代後半に急速な減少を示した。しかし、60年代に入ると変動はあるものの比較的安定している。そして、1970年代に入ると再び急速な減少傾向を示すようになる。そして、1970年代後半には、CPUEの値はそれ以前のほぼ半分にまで低下する。しかし、それ以降は、多少変動するがほぼ同じ水準を維持していると考えられる。南太平洋のCPUEの傾向は、1950年代前半に急速に増大する。これは、漁獲量の水準から考えると、開発初期における漁場、漁期の習熟による漁獲効率の増加に原因していると思われる。1954年以降は、一転して急速に減少する。1960年代に入ると減少速度は幾分沈静化するものの、多少の変動を繰り返しつつ減少し続ける。しかし、1970年代に入ると、減少傾向はかなり弱まり、低位安定状態となる。1989年頃以降になると再び減少し始める。このように南北太平洋系群とも1970年代中頃以前のCPUEの減少期とその後の低位安定期とに分けられる。

2)プロダクションモデルによる資源評価

 

図5 マカジキ北太平洋系群の資源量及び漁獲死亡係数の経年変化と1992-1996年における変動予測。
資源量及び漁獲死亡係数は、MSY時のものに対する比。Relative Biomass及びRelative Fishing Mortalityとして表した
 
ここでは1)で得られた標準化された日本のはえなわのCPUEと南北太平洋ごとの総漁獲重量を用いてプロダクションモデルによる解析を試みた。今回用いたプロダクションモデルは、非平衡状態でのプロダクションモデル(Prager, 1994)で、その概要については、平松(1994)を参照されたい。このモデルで解析して得られた各年の資源量及び漁獲死亡係数をMSY(最大持続生産量)を与える時の資源量及びその時の漁獲死亡係数の比で表わしたものをそれぞれ、相対資源量(Relative Biomass)と相対漁獲死亡係数(Relative Fishing Mortality)の経年変化として図5-6に示した。なお、ブートストラップ法によって推定された80%信頼限界も併せて示した。また、近年5ケ年の平均漁獲量を将来5ケ年にわたり続けた場合の予測も示した。
 

図6 マカジキ南太平洋系群の資源量及び漁獲死亡係数の経年変化と1992-1996年における変動予測。縦軸については図5参照
 

北太平洋系群のMSYは6300トンと推定された。資源量は、1952年以降、現在まで減少を続けている。1960年代後半から70年代初めにかけて減少率は増大している。しかし、70年代中頃以降は、減少率はかなり小さくなっている。そして、徐々に減少を続け、1980年代中頃にMSYレベル以下となって現在に至っている。漁獲死亡は1960年代初めまでは極めてゆっくりと増加していたが、60年代中頃に急増し、MSYレベルを突破した。その後、10年余り漁獲死亡の高い時代が続いた。1970年代中頃より漁獲死亡は減少し、MSYレベルよりやや高い程度となった。しかし、80年代中頃より再び増大したが、近年は減少傾向にある。1992年以降の予測としては、1992年は公海流し網が行われていたので過去5年の平均値である8600トンを、そして、1993年以降は公海流し網の漁獲量を除いた6800トンで予測を行った。その結果は、漁獲死亡係数は、急速に減少しMSYレベルよりやや高い状態で安定する。一方、資源量はMSYレベルよりやや低いところで横ばい傾向となる。
南太平洋系群のMSYは、2500トンと推定された。資源量は、北太平洋と同様、一貫して減少を続けている。やはり、減少率は、1960年代中頃に大きく、その後、減少率は小さくなる傾向がある。1980年代初めにMSYレベルを割り更に減少を続けている。一方、漁獲死亡係数は1960年代初めに急速に増大し、MSYレベルを突破した。その後、70年代中頃及び80年代中頃に低い時期もあるが、全体的にはMSYレベルの1.5倍程度の漁獲死亡が加えられたと推定された。南太平洋については、マカジキの流し網による漁獲は、正確に把握することが困難であるが、はえなわの漁獲に比較すると極めて少ないと考えられるので、予測には、過去5ケ年の総漁獲量の平均である3500トンを用いた。その結果、漁獲死亡は、増大を続け、1996年にはMSY時の2倍にまで達する。そして、資源量は、減少を続けるという結果となった。今回は、200海里水域内での規制の効果を考慮していない。沿岸にCPUEの高い水域のある本種にとって、この効果も今後検討する必要があろう。

5.おわりに

今回は、極めて大雑把に太平洋のマカジキ資源について、その漁業、生物学、そして、資源の動向について概説した。生物学については、情報量がまぐろ類に比べて少ないことに驚かされる。特に近年のはえなわ漁業が行われている水域からの情報が少ないことが指摘される。しかし、資源の動向を把握する定量的な資料としては、はえなわ漁業のCPUEが唯一のものであることも事実である。もちろん、今回は用いなかったが、沿岸のスポーツフィッシングのCPUEなども、貴重な情報源となりうるが、極めて地域的な傾向を示している可能性が強いので注意を要する。
最近、高度回遊性魚類の国際管理について、国連で議論が行われている。近い将来、現在、総括的な管理機構のない中西部太平洋にも管理組織が作られ、その組織の下にマカジキ資源の情報が集約され、研究活動についても活性化し、合理的なマカジキ資源の利用に向けた活動が始まることが期待されている。

<参考文献>

[1]Shomura, R. (ed):Summary report of the billfish stock assessment workshop, Pacific Resources. NOAA-TM-NMFS-SWFC-5;58pp(1980).
[2]上村忠夫・本間操:太平洋南北両半球における所謂マカジキの資源的関連についての研究-1 外部形態の比較. 南海区水研報, 8, 1-11(1958).
[3]Wares, P. and G.Sakagawa:Some morphometrics of billfishes from the eastern Pacific Ocean . In Shomura, R. and F. Williams (ed) , Proc. Int. Billfish Symp., Kailua-Kona, HI, 9-12 August 1972. NOAA Tech. Rep., SSRF-675(2):107-120(1974).
[4]Graves, J, E. and J.R. McDowell in press:Genetic analysis of striped marlin Tetraptrus audax population structure in the Pacific Ocean. Can. J. Fish. Aquat .Sci.
[5]Holts, D. and D. Bedford:Activity patterns of striped marlin in the southern California Bight. In "Planning the future of billfishes, research and management in th 90 s and beyond" ed. m by R. H. Stroud. National Coalition for Marine Conservation Inc., 81-93(1990).
[6]古籐 力:体長組成によるカジキ類の年間成長量の推定. 3 北西大平洋に分布するマカジキについての試み、南海区水研報, 17. 63-84(1963).
[7]Skillman, R. A. and M. Y. Y. Yong:Von Bertalanffy growth curves for striped marlin, Tetrapturus audax, and blue marlin, Makaira nigricans, in the central north Pacific Ocean. Fish. Bull., 74, 553-566(1976).
[8]Squire, J. L. and Z. Suzuki:Migration trends of striped marlin (Tetrapturus audax) in the Pacific Ocean . In "Planning the future of billfishes, research and management in th 90 s and beyond" ed. m by R. H. Stroud. National coalition for Marine Conservation Inc., 67-80(1990).
[9]Suzuki, Z. :Catch and fishin effort relationships for striped marlin, blue marlin, and black marlin in the Pacific Ocean, 1952 to 1985. In "Planning the future of billfishes, research and management in th 90 s and beyond" ed. m by R. H. Stroud. National coalition for Marine Conservation Inc., 165-177(1990).
[10]平松一彦:水産資源研究の最新動向(8)資源評価で最近用いられる数理解析手法について. 水産の研究13巻4号, 44-48(1994).
[11]Prager, M. H.:A suite of extentions to a nonequilibruim surplus-production model. Fish. Bull., 92(2), 374-389(1994).

カジキの研究報告
   
カジキの類の分類
カジキの類の幼期の形態と生態
伊豆近海における突棒漁業とカジキ類の摂餌生態
太平洋のマカジキ資源
太平洋のクロカジキ資源について
世界のかじき類の漁業とその資源について
カジキ・ギネスブック&小事典
マグロ類の分類学的研究( 1 )( 2 )( 3 )( 4 )( 5 )( 6 )( 7 )( 8 )( 9 )
カジキ類の分類学的研究( 1 )( 2 )( 3 )( 4 )( 5 )( 6 )( 7 )( 8 )( 9 )( 10 )( 11 )( 12 )( 13 )( 14 )
上顎の短いクロカジキ
ポップアップ式衛星通信型タグとは?
アーカイバルポップアップタグの可能性について
アルゴスシステムによるポップアップタグのデータ収集、その実際
カジキのトロウリングと我が国の漁業関係法令
かじき類への通常標識の装着について
Still Missing!? ポップアップタグ、未だ浮上せず !!
カジキをもっと知るために〜遠洋水産研究所からのお願い〜
ビッグゲームを取り巻く環境と制度について( 1 )( 2 )( 3 )( 4 )( 5 )( 6 )( 7 )( 8 )( 9 )( 10 )( 11 )( 12 )( 13 )( 14 )( 15 )( 16 )( 17 )( 18 )( 19 )
釣ったカジキの重量は !?
 
 
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2006 HATTEN-SHIYOH All Rights Reserved.