BIG GAME POLICY 釣りに対する姿勢 会社案内
 
   
 
BIG BLUE CHASE KAZIKI
 
 
HOME KAZIKI カジキの研究報告 伊豆近海における突棒漁業とカジキ類の摂餌生態
 
伊豆近海における突棒漁業とカジキ類の摂餌生態
 

矢冨洋道(やとみひろみち 東海大学海洋学部)

静岡県は、大分県や千葉県とならんで突棒漁業が盛んである。県内のカジキ突棒漁業の概要と、伊豆近海におけるカジキ類の摂餌生態について明らかにした。

※この論文は1994年9月5日、東京大学海洋研究所講堂において開催されたシンポジウム「カジキ類の分類・生態・資源・漁業」(コンピーナー:中村泉)において発表されたものです。なお同シンポジウムで発表された論文は、月刊海洋/vol.27、No.2、1995にとりまとめられています。バックナンバー等のお問い合わせは月刊海洋(住所:東京都日野市三沢3丁目45-9 TEL:0425-94-2654)まで。

1.はじめに

カジキ類は基本的に熱帯から温帯域に分布するが、季節によっては伊豆近海にも来遊する。そこでは突棒漁業やスポーツフィッシングの対象種として、重要な浮魚資源の一つとなる。
伊豆近海は多くの魚族の漁場となるが、静岡県船がカジキ漁に従事するのは早春から夏季にかけてである。特に早春は、県外のカジキ漁を専業とする船が集中してにぎわう。それは市場価格の高いマカジキが漁獲され、同時に漁場が島嶼の近くに形成されて採算上有利となるからである。反面、西村・阿部(1971)が指摘するように、黒潮流軸の影響を受けるマカジキ漁況は大きく変動し、漁場としての不安定な要素をつくりだす。
西部北太平洋域のカジキ類については、藪田(1953)、上柳(1954)、渡辺(1960)らの食性、漁況、魚体組成の研究がある。また、突棒漁場となる東シナ海や三陸近海では、盛田(1953,1960)、古川ら(1958)、川崎ら(1962)の食性や生態の研究がある。しかし、伊豆近海のカジキ類の生態については詳細な研究が行われていないのが現状である。

2.材料と方法

カジキ類の漁獲統計資料として、1971年以後の「静岡農林水産統計年報」を用いた。また、下田市漁業協同組合須崎支所で調査した個人別水揚げ伝票を基に、魚種毎の月別漁獲割合と月別体重組成についてまとめた。なお、体重は、鰓と内臓が除かれた重量である。
胃袋を調査した供試魚はマカジキTetrapturusaudax95尾、クロカジキMakaira mazara64尾、メカジキXiphias gladius10尾、シロカジキMakaira indica9尾、バショウカジキIstiophorus platypterus3尾で、1984、1985、1987年の6月から9月の間に突棒船で漁獲された。
胃内の内容物は原則として船上で同定し、体長、尾数、消化程度、胃内容物重量について調べた。分類と学名は益田ら(1984)、沖山(1988)、奥谷(1973,1984)に従った。魚種別、月別にまとめた胃内容物は、出現率と捕食密度で示した。出現率は調査した胃袋の総数に対するある餌生物が入っていた胃袋の割合で、ある餌生物に対する質的依存程度の指標とした。また、捕食密度はカジキ1尾が捕食したある餌生物の平均個体数で、ある餌生物に対する数量的依存程度の指標とした。

3.結果

1)静岡県の突棒漁業

県下でカジキ類を沿岸で漁獲する漁業は、流し刺し網類、沿岸・その他の延縄類、曵き縄等の釣類、大小定置網類と突棒漁業(その他の漁業として計上される)である。これら漁業による年間の平均漁獲量は約181tで、この内の約63%に当たる114tを突棒漁業が漁獲していた。突棒漁業の漁獲量は286t(1976年)から10t(1991年)の範囲で変動し、県内に水揚げされる沿岸カジキ類の漁獲量変動とよく一致した。漁獲量にみる漁獲魚種の構成は、シロカジキを含むクロカジキ類53.5%、マカジキ38.3%、メカジキ8.1%、バショウカジキ0.1%であった。須崎支所での調査によると、クロカジキ類にはシロカジキが約5%含まれていた。次に、須崎支所の月別漁獲割合(図1)と月別体重組成で、魚種毎の盛漁期と平均体重について述べる。マカジキは3月と6・7月が盛漁期で、平均体重は各々約62kgと26kgであった。クロカジキの盛漁期は8・9月で、平均体重は約125kgであった。シロカジキは7〜9月が盛漁期で、平均体重は約111kgであった。メカジキの盛漁期は明瞭ではないが、6〜9月の平均体重は約86kgであった。なお、貴重なメカジキ稚魚の採集報告があったので付記する(TL : 365EFL : 247cm BW : 41.7kg、1994. 5. 29 三宅島 SW 2 mile, トローリングルアー、JGFA 前田利幸氏)。

 
図1 伊豆近海における月別漁獲割合(下田市漁業協同組合須崎支所)
 

2)摂餌量と摂餌活動

種毎の平均摂餌量指数(胃内容物重量/体重×100)はメカジキ4.13、マカジキ1.61、クロカジキ1.25、シロカジキ1.89、バショウカジキ0.15であった。平均摂餌量指数と空胃率の魚種別順位相関係数を求めると0.9の値が得られ、摂餌量指数の高い魚種は空胃率が低いと言えた。
マカジキとクロカジキの摂餌活動を知るために、胃内容物を4段階の消化程度に分け、漁獲時間帯毎の割合を調べた。その結果、早朝の胃内で新鮮な原型をとどめる内容物の割合が高く、マカジキでは67%、クロカジキでは78%を示した。その後漸次減少して、正午を過ぎて再びわずかの増加がみられた。これより、両種は日中にも摂餌活動が活発になる時間帯があると推測された。

3)餌生物の種類とその大きさ

5種181尾が摂餌した、2075尾の餌生物を魚類、頭足類、甲殻類に分けて示した(表1)。
魚類は胃内容物全体の約93%を占め、32種と3科が同定できた。個体数で卓越していたのは、1034尾のイワシ類と648尾のサバ類であった。イワシ類としてカタクチイワシ(10〜20cm)とマイワシ(10〜25cm)、サバ類としてゴマサバ(10〜27cm)とマサバ(15〜31cm)を一括した。
他の魚類は何れも40尾以下であった。体長が30cm以上の餌生物のうち、ドクウロコイボダイ、キンメダイ、タチモドキはメカジキ、シイラとカツオはクロカジキ、ウスバハギとミズウオはマカジキが捕食していた。また、体長が10cm以下の餌生物は、フグ類、カワハギ類、ハコフグ類、ホウセキキントキ、シマガツオなどであった。
頭足類は127尾のイカ類と3尾のタコ類で、胃内容物全体の約6%を占めた。イカ類はメカジキが多くを摂餌し、外套長で25cm以下であった。
甲殻類のエビ類3尾は、体長4〜8cmであった。

 
表1:カジキ類5種の魚種別胃内容物の個体数とその百分率(No.:個体数、%:百分率)
 
  Tetrapturus
audax
Makaira
mazara
Makaira
indica
Istiophorus
platypterus
Xiphias
gladius
●Total
●Food organisms No. No. No. No. No. No.
●FISHES
Engraulis japonicus
Sardinops melanostictus
Engraulis
or Sardinops
Scomber australasicus
Scomber japonicus
Scomber
sp.
Tetraodontids fish
Decapterus muroadsi
Decapterus russellii
Trachurus japonicus
Decapterus
sp.
Auxis thazard
Auxis rochei
Auxis
sp.
Benthodesmus tenuis
Coryphaena hippurus
Pseopsis anomala
Beryx splendens
Tetragonurus cuvieri
Aluterus monoceros

Monacanthids fish
Katsuwonus pelamis
Diaphus coeruleus
Promethichthys

      prometheus
Alepisaurus ferox
Thunnus thynnus
Seriola quinqueradiata

Ostraciids fish
Squaliolus laticaudatus
Seriola lalandi
Istiophorus platypterus
Naucrates ductor
Macrorhamphosus

       japonicus
Zeus faber
Priacanthus hamrur
Scombrops boops
Malakichthys wakiyai
Brama japonica
Chelidonichthys spinosus

Unidentified fishes

711
154
23
63
52
40
34


1
1
1
1

1

11


3




1
2
1
1
2

1

1



1


1

40

60.5
13.1
2.0
5.4
4.4
3.4
2.9


0.09
0.09
0.09
0.09

0.09

0.94


0.26




0.09
0.17
0.09
0.09
0.17

0.09

0.09



0.09


0.09

3.4

18
57
53
58
4
394
4
7

2
24
12
6
4

14



2
3
6


3

1
1







1


1

1
4

2.5
8.2
7.6
8.3
0.57
56.4
0.57
1.0

0.28
3.4
1.7
0.86
0.57

2.0



0.28
0.43
0.86


0.43

0.14
0.14







0.14


0.14

0.14
0.57

3


3

29


1



1








1









1


1






1

7.3


7.3

70.7


2.4



2.4








2.4









2.4


2.4






2.4

10

4


2

58.8

23.5


11.8

1


1
1
1








23


8
8



5


1



1







1



7

0.70


0.70
0.70
0.70








16.2


5.6
5.6



3.5


0.70



0.70







0.70



4.9

743
211
80
125
57
466
38
7
1
3
25
13
8
4
24
14
11
8
8
5
3
7
5

4
3
2
2
2
1
1
1
1

1
1
1
1
1
1
1
52

35.8
10.2
3.9
6.0
2.7
22.5
1.8
0.34
0.05
0.14
1.2
0.63
0.39
0.19
1.16
0.67
0.53
0.39
0.39
0.24
0.14
0.34
0.24

0.19
0.14
0.10
0.10
0.10
0.05
0.05
0.05
0.05

0.05
0.05
0.05
0.05
0.05
0.05
0.05
2.5
●CEPHALOPODS
Onychoteuthis
    borealijaponicus
Eucleoteuthis luminosa
Ornithoteuthis volatili

       volatilis
Todarodes pacificus
Ommastrephes bartrami

Unidentified squids
Beaks of squids
Argonauta hiams
Unidentified Octopods



1

1
1

18
6
1
2



0.09

0.09
0.70

1.5
0.51
0.09
0.17





1
1

10
8





0.14
0.05

1.4
1.1
   







1








5.9


3
1



1
75


2.1
0.70



0.70
52.8


3
2

2

1
104
14
1
2


0.14
0.10

0.10

0.05
5.0
0.67
0.05
0.10
●CRUSTACEA
Shrimps
                3 2.1 3 0.14
Total 1176   699   41   17   142   2075  
 
4)魚種別胃内容物組成
 

図2 出現率(左図)と補食密度(右図)で示した魚種別胃内容物組成
 

表2 魚種相互間の胃内容物組成の類似度指数

 

魚種別胃内容物組成を出現率と捕食密度で示した(図2)。図中、質的・量的に依存度の高い餌生物は、イワシ類、サバ類、イカ類、タチモドキである。中でもイワシ類とサバ類を合わせた個体数は、マカジキ、クロカジキ、シロカジキ、バショウカジキの各組成の80%以上を占めていた。マカジキとバショウカジキはイワシ類を最も重要とし、次にサバ類であった。クロカジキとシロカジキはサバ類を最も重要とし、次にイワシ類であった。メカジキは他4種と異なり、イカ類が最も重要で、次にタチモドキであった。また、胃内容物組成の構成にも差があったので、Simpson(1949)の多様度指数を求めた。その結果、バショウカジキ(0.32)、シロカジキ(0.39)、マカジキ(0.41)、クロカジキ(0.54)、メカジキ(0.64)の順に構成が複雑となっていた。
魚種相互の類似性を検討するために、Morisita(1959)の類似度指数Cλを求めた(表2)。Cλ値は3段階に分かれる。すなわち、マカジキとバショウカジキ間(1.00)、クロカジキとシロカジキ間(0.98)では類似度が最も高く、マカジキとクロカジキ間(0.43)、クロカジキとバショウカジキ間(0.40)では中程度の類似度、メカジキと他種間(0.08以下)では最も低い類似度を示した。
この結果、他4種に比べ、メカジキの胃内容物組成が質的にも著しく相違することが明かである。また、胃内にイカ類や多くの中深層性の魚類が出現することから、メカジキがより深い層で摂餌すると推察された。これに対し、胃内容物の80%以上がイワシ類とサバ類で占められる。マカジキ、クロカジキ、シロカジキ、バショウカジキでは、質的には大差のない餌生物を捕食していると考えることができる。そこで、胃内に出現するイワシ類とサバ類の量的差が生じる原因について検討することにした。

5)月別胃内容物組成


図3 出現率(左図)と補食密度(右図)で示した月別胃内容物組成
表3 月相互間の胃内容物組成の類似度指数。メカジキを除いたマカジキ、クロカジキ、シロカジキ、バショウカジキを一括した胃内容物組成  
 

月別胃内容物組成は、組成の異なるメカジキを除いて作成した(図3)。それにより、6月と7月はマカジキ、8月と9月はクロカジキが試料の70%余りを占めた(図3)。図より各月ともイワシ類とサバ類に対する質的・量的依存度が高いことが分かる。特に、6・7月ではイワシ類が、8・9月はサバ類が最も重要な餌生物となっていた。ここで各月の試料の偏りを考慮すると、6・7月はマカジキ、8・9月はクロカジキに代表される胃内容物組成である。そこで、月間の類似度を見ると(表3)、6月と7月の間(0.99)、8月と9月の間(0.93)では高く、イワシ類とサバ類の順位が入れ変わった7月と8月の間(0.45)では中程度の類似度を示した。これは魚種間相互の類似度の判定で得た結果とよく一致する。
一方、6月から8月に至るイワシ類とサバ類の出現率(質的依存程度)を詳細に見ると、イワシ類では漸次低下し、サバ類は漸次高くなる傾向があった。また、各月の多様度指数は、6月0.29、7月0.44、8月0.52、9月0.20となった。指数レベルからは単純な6・9月と複雑な7・8月に分けることもできるが、7・8月の組成にみられる複雑化は、季節的に発生した稚魚や回遊魚によって生じたものである。従って、多様度指数は月の移行にともなって推移したと考えた方が妥当である。捕食密度(数量的依存程度)については同様な変化はみられないが、これは体重差にして約5倍あるクロカジキとマカジキの摂餌量指数が、ほぼ同じであることを考えると説明がつく。
これによって月別胃内容物組成でのイワシ類とサバ類の量的変化は、環境中におけるそれらの分布量あるいは遭遇率が推移することによって生じたと考えた。次に、月別胃内容物組成にみられた上位構成種の違いが、選択性によるものかどうかを検討する。

6)選択性について

月別胃内容物組成により、IVLEV(1955)の選択指数を用いて主要餌生物について選択性を検討した(表4)。表中、環境中の餌生物の相対量は静岡県主要漁港漁獲量を基に算出した。選択指数は、選択性が無いと0となり、選択性が大きいと1、嫌う場合は−1に近づく。
選択指数に注目すると、環境中にイワシ類が多い6・7月、イワシ類は0に近い+の値で、サバ類は0に近い−の値であった。また、環境中にサバ類が多い8・9月、イワシ類は0に近い−の値で(9月は−1)、サバ類は0に近い+の値であった。これから、イワシ類やサバ類に対する選択性は無く、正負の符号は分布量か遭遇率によって変化したと考えた。同様にイカ類に対しても選択性は認められないと判定した。アジ類に対しては何れの月でも−0.6以上の値が得られ、選択的に摂餌したと考えた。
以上の検討によって、魚種別胃内容物組成の相違が選択性によるものではなく、摂餌する水深や来遊時期の違いによって生じたと考えられた。

 

表4 IVLEVの選択指数。ri:胃内容物中でのある餌生物の相対量。pi:環境中でのある餌生物の相対量。ei:選択指数。

 

4.おわりに

一般に、カジキ類は環境中に量的に多く出現して、摂食しやすい生物をあまり選択せずに、捕食していると考えられる。夏季の伊豆近海では、来遊時期や摂餌する水深を違えることで、種間の競合関係が避けられているようである。今後は、カジキ類が利用する生活空間の広がりと、餌生物の生息域との具体的な結びつきを明らかにして、種内や種間の相互関係に関する研究を続けたい。
本研究を行うにあたり、突棒船「美弥丸」の土屋精美、土屋勝巳、下田漁協須崎支所の渡辺逸夫諸氏には、標本採集や資料提供で多大な御協力を頂いた。また、当時海洋学部水産学科4年生であった藤岡伸治、深田康夫、川島幸郎、川島多美子、内山一郎、本田功人、米津昭宏、大羽純諸氏には胃内容物の調査でお世話になった。心より御礼申し上げる。

<参考文献>

[1]BROCK, R, E. :A contribution to the trophic biology of the blue marlin (Makaira ni gricans Lacepede, 1802) in Hawaii. Pacific science, 38(2),141-149(1984).
[2]IVLEV, V. S. :Experimental ecology of fish nutrition. Moscow. (in Russian)[児玉康雄・吉原友吉共訳 1965:魚類の栄養生態学、261pp., 新科学文献刊行会, 米子](1955).
[3]古川一郎・小藤力・小玉恵一:東支那海マグロ延縄漁業の研究-2、マカジキの生態について. 南海区水研, 8, 49-60(1958).
[4]川崎健・八百正和・安楽守哉・永沼璋・浅野政宏:水産学部紀要, 3(1), 44-51.
[5]益田一・尼岡邦夫・荒賀忠一・上野輝彌・吉野哲夫編:日本産魚類大図鑑, 東海大学出版会、東京、448P(1984).
[6]MORISITA, M.:Measuring of interspecific association and similarity between communities. Mem. Fac. Sci. Kyushu Univ., Ser. E, 3, 65-80(1959).
[7]盛田友弌:10月に魚釣島近海に出現したカジキ、サバに関する二、三の知見. 鹿児島大学水産学部紀要, 3(1), 44-51(1953).
[8]盛田友弌:東支那海におけるシロカジキの漁場構成に関する研究-1. 日水誌, 26(9), 887-893(1960).
[9]盛田友弌:東支那海におけるシロカジキの漁場構成に関する研究-2. 鹿大水産学部紀要, 9, 48-53(1960).
[10]沖山宗雄:日本産稚魚図鑑, 東海大学出版会, 東京(1988).
[11]奥谷喬司:日本近海産十腕形頭足類(イカ類)分類・同定の手引き. 東海区水研, 74, 83-111(1973).
[12]奥谷喬司:八腕形目の科の特徴. 海洋と生物, 6, 97-99(1984).
[13]NAUGTHTON, J. J. :Investigation of billfish biology at the Hawaiian International Billfish Tournament. Marine Fisheries Review, 35(8), 19-25(1973).
[14]SIMPSON, E. H. :Measurement of diversity. Nature, 163, 688(1949).
[15]STRASBURG, D. W. :A report on the billfishes of the central Pacific Ocean. Bull. Mar. Sci., 20, 575-604(1970).
[16]上柳昭治:マカジキの漁況と魚体組成に見られる年変動. 日水誌, 19(11), 1100-1107(1954).
[17]渡辺久也:マグロ・カジキ類の食餌組成の海域的な相違について. 南水研報, 12, 75-84(1960).
[18]藪田洋一:マグロカジキ類の胃内容物(小笠原近海). 南海区水研業績集, 15, 1-6(1953).

 
カジキの研究報告
   
カジキの類の分類
カジキの類の幼期の形態と生態
伊豆近海における突棒漁業とカジキ類の摂餌生態
太平洋のマカジキ資源
太平洋のクロカジキ資源について
世界のかじき類の漁業とその資源について
カジキ・ギネスブック&小事典
マグロ類の分類学的研究( 1 )( 2 )( 3 )( 4 )( 5 )( 6 )( 7 )( 8 )( 9 )
カジキ類の分類学的研究( 1 )( 2 )( 3 )( 4 )( 5 )( 6 )( 7 )( 8 )( 9 )( 10 )( 11 )( 12 )( 13 )( 14 )
上顎の短いクロカジキ
ポップアップ式衛星通信型タグとは?
アーカイバルポップアップタグの可能性について
アルゴスシステムによるポップアップタグのデータ収集、その実際
カジキのトロウリングと我が国の漁業関係法令
かじき類への通常標識の装着について
Still Missing!? ポップアップタグ、未だ浮上せず !!
カジキをもっと知るために〜遠洋水産研究所からのお願い〜
ビッグゲームを取り巻く環境と制度について( 1 )( 2 )( 3 )( 4 )( 5 )( 6 )( 7 )( 8 )( 9 )( 10 )( 11 )( 12 )( 13 )( 14 )( 15 )( 16 )( 17 )( 18 )( 19 )
釣ったカジキの重量は !?
 
 
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2006 HATTEN-SHIYOH All Rights Reserved.