BIG GAME POLICY 釣りに対する姿勢 会社案内
 
   
 
BIG BLUE CHASE KAZIKI
 
 
HOME CHASE スポーツフィッシング・ボート フィッシングボートの基礎知識(8)
 

WHAT'S THE SPORT FISHING BOAT?

フィッシングボートの基礎知識(8)
ハル(1)

文・図/中島新吾

 

ボートに関する基礎知識の、さらにその基本といっていいのが、ハルに関することである。ハルに関することといっても実際にはさまざまだが、今回からはその形状の違いなどを考えていこうと思う。で、形状といっても、これまたさまざまな見方があって、その視点によって分類の方法も異なるわけだが、第1回目は、一番把握しやすい、その断面、それも船首尾線に対して垂直な断面によるハル形状の違いをいくつかご紹介しておこう

話の大前提の話

まず、今回のお話の大前提となる話をしよう。今回は、ハルの船首尾線に対して垂直にとったハル断面によって分類すると、こんなハルが(あるいはこんな名前のハルが)ありますよ、という話である。こういった内容のことは、よくボートの入門書などにも書かれていて、ラウンドボトムはこんな、V型ボトムはこんな、という説明があったりする。しかし、中には明らかにおかしいと思えるものもないわけではない。
たとえば、ディープVという、比較的名前の売れた船型を説明するのに、ボトムのVを深く描いたV型のハルの断面をひとつだけ描いて、『こんな風に、デッドライズ(船底勾配)の深いのがディープVです』という書き方をしたりする。これはとんでもない話だ。そもそもディープVというのは、モノヘドロン(トランサムからミッドシップまでボトムの断面がほとんど変化しない)であることが第一の要件で、それがその船型の特性のかなりの部分を規定している。当然、ハル断面の一ケ所でディープVが定義できるものではない。たしかに限られたスペースで説明するのは難しいが、それならば説明すべきではない。これでは、象という動物を見たことがない人に対して象の尻尾の写真を見せ、「これが像です」と説明するようなものだ。
なにしろ、フネ用語そのものがまちがって使われることの多い日本なのだから、ディープVの説明がおかしくとも、それほど不思議はないのだが……。
というわけで、今回いくつかご紹介するのは、あくまでも、“ハルの断面”という視点から見た場合の分け方であって、それがそのままハルの呼称となる場合もあるが、そうでない場合もある、と考えてほしい。たとえば、5のコンケイブVの場合、そのハルのすべてがコンケイブというフネもあるが、反面、前半部はコンケイブV、後半部は6のコンベックスVというフネもある。前者はコンケイブVと呼んでもさしつかえないハル形状かもしれないが、後者はコンケイブともコンベックスとも言えない。また、前出のディープVのような船型の場合、コンケイブVのディープVもあれば、コンベックスVのディープVも存在するのである。さらに、ディープVというのはモノハル(単胴型)のひとつだが、マルチハル(多胴型)がそれぞれのハルをディープVとするということはありうる。視点が違えば名称も異なるのだ。

あくまで断面の特性なのだ

その接水部分の違いで、ハルの断面というのは大まかに分けることができる。接水部分が1カ所のものがモノハル(mono-hull=単胴)、複数のものがマルチハル(multi-hull=多胴)だ。で、このマルチハルのなかで、接水部分が2つのものをカタマラン(catamaran=双胴)、3つのものをトリマラン(米語的発音ではトライマラン。trimaran=三胴)、とそれぞれ呼ぶ。このあたりまでが常識的なところだが、さらに接水部分が4つのクォドリマラン(quadrimaran=四胴)というのも一応存在している。筆者の知っているのはフランスのデザイナーの手になるもので、バウからスターンまで完全に分かれた4本のハルで構成された高速実験艇。しかしまだ実用には時間がかかりそうなので、一応、この種のマルチハルの呼称の一例くらいに覚えておいていただきたいと思う。しかし、何度もいうように、これはあくまでも“その部分”のハルの形状を表わす呼称である。世の中には前半がモノハル、後半がカタマランというフネも実在しているのだ。
下の図では、1〜9がモノハル、10〜12がカタマラン、13〜15がトリマランである。あくまでも概念的なものだし、そのハルの特徴を表すために描いたものだから、かなりの誇張があるが、おおむね表現したいところはお分かりいただけると思う。また、モノハルが9種類描かれているということは、それを2本並べたカタマランも最低それだけあるということになるわけだが、図では4のストレートV(straight vee)を基本にしたものを描いてある。
さらにトリマランとなると、中央のハルと左右のハルを異なる船型とする可能性もあるわけだから、カタマランよりも多くなるわけだが、そこまで描くと、さすがに複雑になってしまうので省略し、単純にハルの大小によってその特性の違いを述べるにとどめた。マルチハルの場合は、組み合わせが膨大になることはお分かりいただけるだろう。
なお、下に掲げたもののうち、いくつかの船型については、航走時の特性についても触れているが、最初のディープV云々でも述べたように、実際のフネのハルというのは、単にひとつの断面でその特性を規定することはなかなかできない。だから、ここで述べる特性というのは、ハル全体の特性ではなく、その断面部分がハルのなかで果たす役割くらいのお話である。

 
 
1. ラウンドボトム(round bottom)
丸型、丸木舟などもこのスタイルだが、排水量型のフネで、できるだけボトムの下をスムースに水が流れるようにした船型。多くのセイルボートはこの船型。
  2. アークボトム(arc bottom)
丸い船底と舷側の境目にチャインラインがある。ハルの前半部でV型に変化するものもあり、そういうタイプはアークV(arc vee)と呼ばれる。
  3. フラットボトム(flat bottom)
平底型。船首から船尾までこのままというハルは少ない。船尾がフラットで船首がVというタイプは多く、そういったものはフラットV(flat vee)という。
         
 
 
4.ストレートV(straight vee)
直線で構成されたV型船底。船底の勾配をデッドライズと呼ぶのはお馴染みのところ。デッドライズ10〜16度程度のものをモデレートVと呼ぶ。
  5.コンケイブV(concave vee)
ストレートVに対して、内側に凹んだ円弧状のV型のものをいう。着水ショックの特性が良いため、船首側にのみこの船型を使うフネも多い。
  6. コンベックスV(convex vee)
ストレートVに対して、外側に膨らんだ円弧状のV型。キール近くの実質的デッドライズが浅いため、滑走効率が比較的高く、受ける揚力が大きい。
         
 
 
7. モディファイドV(modified vee)
特定の形状はない。V型ボトムを基本として、なんらかの変更を加えたものの総称。図ではキール部分を丸め、チャイン部分に水平面を設けている。
  8. カテドラル(cathedral)
V型ボトムの外側、チャイン部分を大きく突出させ、静止安定性や揚力アップを狙う。両舷の突出はバウにいたっても幅が狭まらず、そのまま切れ上がる。
  9. 波型(wave-type bottom)
オメガ船型(Ω bottom)とかベルボトム(bell bottom)とも呼ばれる。キール付近はコンベックスV的な、チャイン近くはコンケイブV的な特性。
         
 
 
10. カタマラン(catamaran)
双胴。図は同じハルを2本並べたタイプで、それぞれのハルはそれぞれのモノハルと同じ特性を示すが、両ハルの間の空気も揚力やショック軽減に関係する。
  11. カタマラン(catamaran)
図はモノハルを2つ割りにして左右に分けたようなタイプ。挙動はモノハルに近づくといわれる。少なくとも引き波はモノハルのそれに近い。
  12. カタマラン(catamaran)
モノハルを2つ割りにして左右を入れ替えたタイプ。両ハルから出る引き波がお互いに干渉して、船尾が引っ張られるような抵抗を軽減するといわれる。
         
 
 
13. トリマラン(trimaran)
三胴。図は同じハルを3つ並べたタイプ。理屈は10のカタマランと同じだが、実際のフネではこの種のトリマランは少ない。静止安定性は非常に高い。
  14. トリマラン(trimaran)
カタマランの中央に第3のハルを加えたようなスタイル。一見カタマランというモデルでも、実際はこの種のトリマランがかなりある。特性はカタマラン的。
  15. トリマラン(trimaran)
モノハルの両側に安定性確保のためのフロートを設けたタイプ。丸木舟の発展型にも見られる。セイルボートなどにも見られ、細身の中央ハルで高速を狙う。
         
 
スポーツフィッシング・ボート
   
SPORTFISHERMAN
OFF SOUNDINGS 34
フィッシングボートの基礎知識(1)
フィッシングボートの基礎知識(2)
フィッシングボートの基礎知識(3)
フィッシングボートの基礎知識(4)
フィッシングボートの基礎知識(5)
フィッシングボートの基礎知識(6)
フィッシングボートの基礎知識(7)
フィッシングボートの基礎知識(8)
フィッシングボートの基礎知識(9)
 
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2006 HATTEN-SHIYOH All Rights Reserved.