BIG GAME POLICY 釣りに対する姿勢 会社案内
 
   
 
BIG BLUE CHASE KAZIKI
 
 
HOME CHASE フライでカジキを釣る レフティー・クレーのフライ・テクニック(6) ライントラブル解決法

Fly Fishing with Lefty Kreh Techniques & Tips

レフティー・クレーのソルトウォーターフライフィッシング(6)

SOLVING FLY LINE PROBLEMS
ライントラブル解決法

監修&文/レフティー・クレー
訳&構成/本誌編集部

 
 

考えてみれば、フライフィッシングというのは根本的に非能率的な釣り方なのかもしれない。フレッシュウォーターならまだしも、ソルトウォーターではあまりの非能率さ加減に呆れることしばしばではないだろうか。例えば、フライフィッシングを知らない船長にこの釣りを認めさせるのは常に至難の技である。「そんな釣り方よりこのほうがよく釣れる」と手釣り仕掛けを渡された経験は、きっと多くのフライフィッシャーマンに覚えがあるはず。しかし、船長の言うことは実にモットモで、魚を釣るだけが目的なら、これほど非効率、非能率的な釣り方はない。それを承知でコダワルのがフライフィッシャーなのだが、一方では少しでも能率をと心掛ける釣り師に共通の心理を持ち合わせてもいる。フライフィッシングのウリでもある非能率の根本の部分を改善するのは無理にしても、細部での改善は可能だ。今回は、そういった改善方法のいくつかである。

フライフィッシャーマンを悩ませるトラブルのなかで、キャスト時のライン絡みほど頭にくるものはない。せっせとフライをタイイングして、準備を整え、ようやく目的の釣り場に到着する。それから魚を捜し出して、いよいよキャストという時に、ラインが絡まり合ってプレゼンテーションを台なしにしてしまうのである。
我々フライフィッシャーマンにとって宿命とも言えるこうしたライントラブルを解消するには、実はいくつかの方法がある。それでは、状況に応じた解決方法を順を追って紹介していこう。

基本中の基本
ラインは一度キャストしてから足下へ

ボートのキャスティングプラットフォームに立ち、ラインを引き出す。この時に注意したいのは、リールから引き出されたラインは先端部分を下にして重なっていくという点である。つまり、ロッドガイドを一番最初に通過するはずのライン先端部が、ライン全体の下敷きになっているわけである。もしもこのままの状態でキャストを行なえば、先端部は上に重なったラインを巻き込み、絡んでしまうだろう。これを防ぐには、まずラインをリールから引き出し、それから一度キャストを行なう。このようにしてからラインをストリッピングして、適切な場所に重ねていけばよいのである。

  キャスティングの準備はリールからラインを引き出しただけでは不完全。そのままでは一番最初に出ていくはずのライン先端部分が下敷きになってしまう。正しくは必要な長さだけをリールから引き出し、一度キャストした上で、足下にラインを重ねていく。
 

リールから引き出すのは必要な長さだけ

必要以上のラインをリールから引き出すというのも、ライントラブルを誘発することがある。足下に余計なラインがあれば、当然ながら絡みの率は高くなる。リールから引き出すラインは、ターゲットにフライを届けるのに必要な分だけにとどめるべきだろう。
実際、どれほどキャストに卓越したアングラーであっても、ほとんどのシャローフラットでは、50ft(約15m)も引き出しておけばまず事足りてしまうのだ。むしろ、それよりも若干少なめのほうが実践的と言えるくらいである。
経験を積んだフライフィッシャーマンのなかには、フライラインの先端からちょうど50ftのところを油性ペンで1ft程度塗りつぶしている者もいる。この目印があれば、余計なラインを引き出さずに済むというわけだ。まず目印のところまでラインを引き出し、一度キャストしてからラインをリトリーブして、プレゼンテーションに備えるのである。

ラインをそのままデッキに重ねておくという方法は、時に様々なトラブルを発生させる。
ラインストック用の容物はやはり必要だ。コックピット内であれば、後に紹介するバケツも効果的。
バウデッキであれば、写真のようなカゴが風も通し使いやすい。

プラットフォームのあるボートでは
後方のデッキにラインを置く

キャスティングプラットフォームのあるボートで釣る場合には、プラットフォーム上にラインを置かないようにすることが大切だ。プレゼンテーション時にラインを踏んでいたためにキャストを台なしにしてしまうというのは実際よくある話である。私はこういった失敗を避けるために、プラットフォーム後方のデッキを片づけて、そこにラインを置くようにしている。つまり、自分が立つ場所とラインを置く場所とを分けて、誤ってラインを踏みつけてしまわないようにしているのだ。

 
写真はボーンフィッシュなどに使われるシャローフラット用ボートのバウ先端部。このようなキャスティング用プラットホームが備わっていないボートの場合でも、自分の立ち位置より後ろにラインを置くことは可能だ。こうすることで、ラインを踏みつけたり、靴ひもに絡んだりといったトラブルを防止できる。
 

邪魔物はマスキングテープで消す

ボート上に突き出た物は何でもフライラインを引っ掛ける可能性がある。ネジやクギなどの頭がほんの少しでも飛び出していれば、それは充分に起こりえることだ。例えば、ボーンフィッシュやターポンなどのフラットフィッシング専用に設計されているボートには、プッシュポール用のホルダーが必ずある。ベストなホルダーは未使用時にガンネル内に収納できるようになっているが、たいていのボートではホルダーはデッキ上に突き出たままである。こうしたポールホルダーの他にも、クリート(耳型の綱止め金具)やロープなどもラインを引っ掛けやすい。
そこで、私はいつでも2インチ幅のマスキングテープを持ち歩くことにしている。このテープを使って、ラインを引っ掛けやすいポールホルダーやクリートなどを覆ってしまうのである。マスキングテープであれば、値の張るオフショアボートの塗りを剥がしてしまうようなこともない。もっとも、オフショアボートのクリートは、邪魔にならないようにガンネルの下に隠されているタイプが多いのだが…。しかし、フライラインがそれらに引っ掛からないとも限らない。可能性のある物はすべてチェックして、マスキングテープで覆ってしまったほうが無難だろう。


全てのソルトウォーターフライフィッシャーマン必携の小道具がマスキングテープ。突起物の多いボート上でのライントラブルを少なからず防止できる。立ち位置周りをよーく調べて、ラインが引っ掛かりそうな突起物を全てテーピングしてしまうのだ。
 
特に要注意なのは、プッシュポール用のホルダーやクリート、結びコブのあるロープなど。マスキングテープの幅は2インチ(約5cm)程度が使いやすい。持ち運びにも便利で、値段もチープ。ボートの塗装を痛めてしまう心配もない。心置きなくビシバシとテーピングできる。
 

ロッドティップに注意!

ボート内に散らばったタックルも要注意だ。タックル類はフライラインが引っ掛からない場所にまとめておかなければならない。特に注意したいのは、使っていないロッドのティップ部分である。最後のシュート時などには、ラインが掛かりやすいのだ。
もしもタックルがいっぱいで、安全な場所に動かすことができないようなら、レインコートなどでカバーしてしまえばよい。

メッシュネットでカバーする

タックル類をカバーするのに最適なのはメッシュネットである。私が使っているのは漁業用品店で購入したもので、網の目が1/4〜1/2インチ(0.6mm〜1.2cm)、大きさが2〜3m四方のものだ。もし近くにこういった専門店がなければ、小魚を捕るための引き網でも構わない。
メッシュネットの利点は数多いが、そのひとつはやはりコンパクトさである。ボール状に丸めれば、片手でつかめるほどの大きさになり、遠征釣行への携帯にもこの上なく便利だ。これまでにも、フライフィッシング用にデザインされたボートなどが望めない、アドベンチュラスな釣行に持参して、非常に重宝した。
ひとつ忘れてならないのは、ネットの四隅と中央に1/4oz程度のシンカーを取りつけることだ。こうすれば、好きな場所にネットを敷くことができる。キャンバス製やビニール製のシートなどに比べてネットが優れているのは、コンパクトさだけではない。最も優れているのは、風が通り抜けるので、あちこちに飛ばないという点である。
このメッシュネットが活躍するのはボート上に限ったことではない。岩場などからのキャストにも効果を発揮する。岩場からのショアフィッシングでは、ラインが岩に掛かりやすいが、このネットを用いれば掛かりを気にせず、キャスティングに没頭できる。

 
マスキングテープではカバーしきれない複雑な障害物が多い和船には、このメッシュネットが重宝する。ネットの中央と四隅にオモリを結んでおき、風で飛ばないようにする。ボートフィッシングだけでなく、岩場などでのショアフィッシングにも役立つ。
 

ラインはバケツにストックする

オフショアでボートを走らせながらツナやセイルフィッシュなどを捜している時、アングラーは発見と同時にすぐにキャストを行わなければならない。しかし、リールから引き出したラインをデッキに置いたままだと、風によってラインはあたりに飛ばされ、絡み合ってしまう。とはいっても、魚を発見してからラインを引き出していたのでは、とても遅すぎる。魚を見つけた時にはすでに準備万端で、あとはロッドを持ってキャストするだけにしておかなければならないのだ。
これを可能にする簡単かつ効果的な方法が実はある。用意するのは、大きめのバケツ1個だけ。大きさとしては、容量が5ガロン(1ガロン=3.7リットル)程度のものが望ましい。魚を捜しにボートを走らせる前に、必要な距離だけキャストを行ない、バケツのなかにラインをストリップするのである。フライはロッドハンドルに刺しておき、ロッドを安全な場所に置く。こうしておけば、アングラーはただロッドをつかみ、フライをハンドルから外して、キャストするだけでよい。ラインは絡むことなく、流れるようにバケツから出ていくだろう。
また、セイルフィッシュフライなどの大きなフライを使用するのであれば、バケツを2個用意する。ひとつはライン用のバケツ。そして、別に小さなバケツを用意して、1インチほど水を張る。巨大なストリーマーは水に馴染むまで時間が掛かり、そのままキャストしたのでは、まるでハタキのごとく海面に浮かんでしまう。これでは魚に見向きもされない。そこで、フライをあらかじめバケツの水に浸しておき、プレゼンテーション後ただちに沈下するようにしておくのである。

  フィッシングボートのコックピット内など、風が直接当たらない場所では、ラインの容物としてバケツが重宝する。もちろん和船でも効果を発揮するが、写真のように角部分でない限り、揺れに弱い。バケツの底に滑り止めのゴムを張るなど、何らかの工夫が必要だ。  
ビルフィッシュフライに代表される大型のストリーマーは水に馴染んで沈下するまで時間がかかる。そこで小さなバケツに水を張って、あらかじめフライを浸しておく。数少ないチャンスを逃さないためには、やはりこの位の気配りが必要かもしれない。

この画期的かつ安価な手作りラインバスケットは、アメリカ西海岸のサーフF.F.で知られるニック・クルシオーネの考案によるもの。腰に取りつけるためのベルトには自転車の荷台に使う頑丈なゴムのロープがオススメだ。唯一の難点は携帯にかさ張ること。
 

サーフウェーディングには自作のラインバスケットを!

サーフでウェーディングする場合には、ラインバスケットがどうしても必要になるが、これは絶対に自作するに限る。どんな市販品よりも使いやすいはずだ。
作り方を説明しよう。まず、長方形のプラスティック容器を購入する。具体的には、洗った皿などを入れておく台所用の水切りがいいだろう。次に、極細のドリルか熱したクギを使い、容器の底に8〜10個ほど微細な穴を開ける。穴の直径は100Lbテストのモノフィラメントラインよりも小さくなければならない。それから、4インチほどにカットした100Lbテストのモノフィラを、開けた穴の数だけ用意し、一方の先端を火で熱して丸める。もう一方はカミソリなどでテーパー状に尖らせる。そしてプラスティック容器の裏側の穴から、モノフィラの尖ったほうを頭に、火で丸めた部分でストップするまで刺し込む。刺し込んだモノフィラはエポキシで固定する。本体はこれで完成である。あとは容器の両サイドに穴を開けて、そこに何か伸縮性のあるベルトを取りつければよい。

リールから出たラインと手に持ったライン
絡みの防止策はベルト!

最後に紹介するのは、ウィンディーな日に起こりやすいライン絡みを防止するテクニックで、私がフリップ・パロットから教わったものである。キャストの準備を整え、手にラインとフライを持っている時、リールから出ているラインと手に持ったラインとが知らぬ間に絡み合っていることがある。フリップはこれを防ぐためにリールから出ているラインをベルトの下に軽く挟むのである。こうしておけば、手に持ったラインと絡み合うのを防ぐことができる。もちろん、ベルトに挟んだラインはごくわずかな抵抗で外れるので、キャスティングを妨げることはない。実にさりげないナイス・アイデアである。

以上はライン絡みを防止するために私が実践しているメソッドの数々である。これらをTPOに合わせて用いれば、せっかくのチャンスをライントラブルで逃してしまうことはないだろう。

 
意外に見落としやすいのがシューズ。シューズのヒモにラインが引っ掛かってしまうというのは、よくあること。やはり、理想的には写真のようなヒモなしシューズが一番だ。他にも腰のベルトや腕時計のバンドなどにもラインが掛かりやすい。
 
フライでカジキを釣る
   
ノーザンクイーンランドのブラックマーリン〈フライ編〉
パナマ トロピック・スター・ロッジのパシフィック/セイルフィッシュ〈フライ編〉
フライの7ビルフィッシャー
南カリフォルニアシャークハンティング
フライフィッシングの更なる可能性を探究する
レフティー・クレーのフライ・テクニック(1) フライフィッシングの8つの神話
レフティー・クレーのフライ・テクニック(2) ワイヤーリーダーの使い方
レフティー・クレーのフライ・テクニック(3) クラウザー・ディープ・ミノー
レフティー・クレーのフライ・テクニック(4) レフティー・クレーが薦める11のアドバイス
レフティー・クレーのフライ・テクニック(5) フライキャスティング理論  タイトループとロングキャスト
レフティー・クレーのフライ・テクニック(6) ライントラブル解決法
レフティー・クレーのフライ・テクニック(7) アイの重要性
BILLFISH ON FLY(1) フライタックルによる初のセブンビルフィッシャー、ジャック・サムソンが選んだビルフィッシュ用ベストフライリール
BILLFISH ON FLY(2) ビルフィッシュのためのライン&リーダーシステム
BILLFISH ON FLY(3) コルクポッパーの時代から、現在はイミテーションストリーマー&スライドポッパーへ
BILLFISH ON FLY(4) メキシコ、プエルト・アヴェンチュラ沖のアトランティックブルーマーリン
BILLFISH ON FLY(5) コスタリカ ガルサ・ベイとケポスのセイルフィッシング
 
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2006 HATTEN-SHIYOH All Rights Reserved.