BIG GAME POLICY 釣りに対する姿勢 会社案内
 
   
 
BIG BLUE CHASE KAZIKI
 
 
HOME CHASE 釣行リポート 久米島に行け

THE MOST POSSIBLE ISLAND TO CATCH
YOUR TROPHY TUNA ON FLY.

オフショアの
フライフィッシングを極めたいなら

久米島に行け!


ヘラヘラした都市生活で失った男の汗臭さをツナとのバトルで取り戻す
リポート/スポーツアングラーズ特別取材班(久高将和、雨貝健太郎)

 
今回のビッゲスト。8.5kgのキハダ。ティペットは16Lb。アングラーは久高氏。
 

パヤオ(職漁用の浮き魚礁)をアングラーに解放している漁協が極端に少ないなかで、久米島の海は貴重だ。オフショアのフライフィッシングを成功させるためには、まず魚をキャスティングレンジに寄せなければならないが、これが意外と難しい。ティージングにしろチャミングにしろ、オフショアの回游魚がコンスタントに集まってくる状況というのはそう滅多にあるものではないからだ。しかし、このパヤオ周りでは、ボートの周囲が魚のボイルで沸き立つといった夢のような現実が比較的イージーに起こりやすい。最盛期ともなれば、イエローフィンツナの40kgクラスなど珍しくもなくなるほどだ。フライによるキハダのIGFA世界記録は20Lbティペットで37kg(81Lb)が最大だから、レコードブレイクも決して不可能ではない。久米島の海は想像以上の可能性を秘めているのである。

カツオはキメジのスクールに混じってアタックしてくる。量的には少なく、スクールの中にチラホラといった感じだ。

なぜ久米島なのか

「日本で海のフライフィッシングを実践するのは難しい。」こう言わねばならないのがやはり現状なのだろうか。たしかに日本にはシャローフラットと呼べるようなエリアは少ないし、そうしたシャローでの代表的な対象魚であるボーンフィッシュやターポンも沖縄には生息しているらしいが、現在のところごく稀にしかキャッチされていない(沖縄のボーンはディープにいるようで、シャローでキャッチした経験を持つ久高氏によれば、それはハタ類と遊んでいる時に「間違って」ストライクしたものだという。もっとも日本の海でボーンフィッシュを釣ろうと真剣にトライした人などほとんどいないだろうから、遠浅の砂浜などで釣れる可能性もまったくないとは言い切れないのでは?)。

 
世界記録を狙うつもりで持ってきたタックルだけに、メジサイズでは少々オーバーパワー気味。
  しかし、ボーンフィッシュが釣れないからといって日本の海に失望する必要はなく、フライの対象魚としてすっかり(でもないか)定着した感のあるシーバスをはじめ、ちょっとしたブームを起こしたボラなど、挑戦しがいのある対象魚はオンショアにも結構多い。さらに、目をオフショアに移せば、対象魚のバラエティーの多さにはほとんど目移りしてしまうほどだ。シイラやカツオはもちろん、キハダやクロマグロ、果てはカジキに至るまで、日本のオフショアは実に可能性に富んでいる。
こういったオフショアのゲームフィッシュの中で、人気急上昇中のターゲットがイエローフィンツナ=キハダマグロである。以前からカツオのナブラを釣っていて偶然キメジが掛かったというような報告はあったが、キハダをメインに狙って釣るというのは状況的に難しいものがあった。この状況的な難しさというのは、日本でオフショアの魚を狙う場合には必ずといっていいほど付いてまわるもので、少なくとも現状ではどうしようもない部分がある。
まずは漁場の問題。マグロ類を狙う場合、これは単に魚がいるいないの問題ではなく、漁業権の絡む複雑な問題にまで発展してしまうケースが多い。
 

上写真の肩慣らしによって、少なくともこのサイズ(19kg程度)がいることが確認できた。2日目からは、このサイズを目標にフライロッドを振ったが……。
  いざフライでキハダを狙う場合(キハダに限ったことではないが)、カギになるのはいかにしてボート際まで群れ=魚を寄せるかである。トローリングやルアーキャスティングであればナブラを見つけて追いかけ回すという方法もあるが、少なくともフライフィッシャーにとってはあまり現実的な狙い方とは言えない。となると、魚を寄せられる状況、つまりティージングなりチャミングなりを行なえば群れが寄ってくる状況というのがどうしても必要になってくる。日本でこういった胸躍る状況が最も予想されるのは、いわゆるパヤオ(浮き魚礁)周りだろう(萩沖のクロマグロのように、海底地形の特殊さがある種の魚礁的な役割として機能している場合もあるが)。では、こういったパヤオ周りで我々のような遊漁者が釣りを楽しむことはできるのか。残念ながら、現在のところ、遊漁に解放されているパヤオは久米島と与那国島のみであり、この2島以外のパヤオでは原則的におおっぴらには釣りができない。
この2島の中でも特に久米島は早くからパヤオを解放していて、年に1回開催される地元主催のトーナメント(全日本ビッグフィッシングINオキナワ久米島大会)は年を重ねるごとに盛況となっている。トーナメントは磯釣り、沖釣り、トローリングと3つの部門に分かれており、チャーターボートには全て漁協の漁船が使用される。ボートの船長さんたちにも未知の釣り方を勉強しようという積極的な姿勢が感じられ、漁業と遊漁の溝をトーナメントが埋めているといった新鮮な活気さえ満ちている。閉塞的と言わざるを得ない現在の日本の状況の中で、アングラーを積極的に誘致している久米島は一筋の光明であり、オフショア・クレイジーなフライロッダーにとってはほとんど神の救いでさえある。

フライパターンが決め手!?

今回の取材では、計3日間を洋上ですごした。初日は午後からの出港ということもあって、とりあえずパヤオに付いているキハダの型を確認しようと、スタンダップ・タックルで肩慣らし。久米島ではすっかりお馴染みとなったキビナゴのデッドベイトによるフカセ釣りである。
久米島へのキハダの回遊は普通4月末頃からスタートするが、シーズン初期はメジサイズが多い。20kg以上のサイズが姿を現わすのは、やはり5月に入ってからのことなのだが、このへんが結構微妙で、1週間のズレがサイズの差となって釣果に現われたりする。特に5月初旬から末にかけて釣行する際には、小まめに漁協に問い合わせて最新の状況をチェックしておいたほうがいい。

 
キハダの面白さはファイトの面白さ。極限までしなったロッドを見る時の喜びは、はたしてSかMか?

一応この手の写真も撮ってみました。「エントリーカードを貼って、魚体に直接手を触れない」が基本。
  我々も事前の情報で20kgクラスが上がっていることは確認済みだったが、フライで狙う場合に気になるのはチャミングによって浮いてくるかどうか。しかし、予想通り20kg弱のキハダをスタンダップ・タックルでキャッチした初日の結果は、我々にサイズ面での安心感を与えてくれた。
2日目は朝からのフルデイ・フィッシング。フライロッドだけを持って船に乗り込んだ我々に、チャンスは午前のうちにやってきた。パヤオ周りを潮流に乗せながらキビナゴのデッドベイトをチャミングすると、ツムブリの先発隊に続いて5kgサイズのキメジがほんのボート際でビュンビュンとボイルし始めた。20kgクラスのビッグサイズがやってきたのはその直後。ところが、これがなかなかにセレクティブな奴で、鼻先でフライをかわして行くような腹の立つことを平気でする。キビナゴのデッドベイトに集まっているということを前提にフライを選び、プレゼンテーションすることが、久米島での必勝法と見たがどうだろう。

アヒに出会うためのケチ学入門

沖縄本島西方海上に位置するアヒ(キハダ)に一番近い島「久米島」までの足代。ボートチャーター料など、諸々の必要経費を捻出するため、まず、親、女房、彼女、上司の類を丸め込みに走る。この段階で最も神経を使うのが、くれぐれも後腐れのないように立ち振る舞うということ。
さて、晴れて経費の捻出に成功したなら、次はいよいよ運命を決することにもなる日程を計画する。アヒのベストシーズンは5〜9月。水温は26度は欲しいところ。よって、時期は理屈抜きに初夏〜夏がベストということになる。
こうなると、仕事一途の悲しい日本人としてはゴールデンウィークがベターなどと短絡的な旅程を組んでしまいがちだが、足の確保難に加え、宿泊代の高騰するこの時期はできることなら外したい。むろん、夏休み期間中も同じこと。「数カ月前からエアーや宿は予約済み」と宣う御人とて、たとえ強運でアヒには出会えても、黙っていても集客できてしまうハイシーズン時のホテルをチェックアウトする時には、思わず「ゲッ!」と叫んでしまうほどのオネンネ代が差っ引かれるものなのです。

 
これがいわゆるスクールサイズ。ツムブリに真っ先に飛んでくるのは、このサイズ。
 

手慣れた、やりくり上手なスポーツアングラーは、リーズナブルな宿泊費で済ませられる6月か9月の潮を選び釣行日程を組むべきですな。なお、具体的なテクニックに関しては当ウェブ上にある“フライフィッシングの更なる可能性を探る”を参考に!(久高将和)

当ウェブのレフティー・クレーの原稿にもあるように、待機中はこのようにバケツを利用するとたしかに便利。

 


お世話になったのは「きよ丸」。連絡先は電話098-985-3189 まで。


船長の我那覇さんはトローリング講習会などにも参加していて、スポーツフィッシングに理解がある。


久米島の対アヒ用フライの数々。セレクティブなキハダのお気に召したのは、マイラーチューブを使用したツナトニックのバリエーション(写真)やマキノTバックなど。
 
3日目のラストフィッシュをキャッチし、我々は再チャレンジを誓った。
釣行リポート
   
MARLIN ON THE ROCKS 磯からマーリン!
2Lbラインで106Ldパシフィック・セイルフィッシュ相原元司さん〈フライ編〉
カジキの海へ…喜界島
モーリシャスの海
萩の黒鮪
愛しのカボ・サン・ルーカス
メキシコ・ユカタン半島クザンのライトタックル・アドベンチャー
ザンジバル―スワヒリ達の海に遊ぶ
X'mas in Summer
オーストラリアのシャークハンティング
久米島に行け
LONG RANGE FLY FISHING
 
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2006 HATTEN-SHIYOH All Rights Reserved.