BIG GAME POLICY 釣りに対する姿勢 会社案内
 
   
 
BIG BLUE CHASE KAZIKI
 
 
HOME CHASE フィッシング・テクニック スタンダップの極意

DON MANN BIG GAME TECHNIQUES & TIPS
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック

Stand-up Fishing
スタンダップの極意

写真・文/ドン・マン<br>
訳・構成/編集部

 
 

チャーターボートのほとんどが和船である日本の状況を考えると、スタンダップ・フィッシングというスタイルは現実的かつ実戦向きと言えるだろう。たしかに簡易なチェアを持ち込むという手もあるが、戦闘的なスポーツフィッシングボートの機敏さと機動力を和船に求めるのは土台無理。それならいっそ自分で動き回れるスタンダップの方が柔軟に対応できるというもの。さて、今シーズンいっちょスタンダップに挑戦してやろうという人も、またすでにやってますという人も、この特集をじっくり読んで、スタンダップの基礎から完璧にマスターしてほしい。

Fitting Yourself for Stand-up Tackle
無知が生んだ悲劇〜ある若者の例〜

かれこれ10年程前のこと、南カリフォルニア洋上に浮かぶロングレンジフリート上で、血の気の多い若者がいささか感動した面持ちで巨大なイエローフィンツナと格闘していた。彼はこの釣行にあたってスタンダップ.フィッシング用のギア一式を下ろしたばかりで、その慣れない釣り方にかなりてこずっているようだった。というのも、いよいよ待望のスタンダップ・ファイトが始まるという時に、彼はほとんど溺れかけていたからだ。


スタンダップを安全に行なうためには、いくつかの規則を守らねばならない。ほとんどは常識に関わることだが。
  イエローフィンをフックアップした若者は、隣のアングラーのラインにオマツリさせまいとさっそく奮闘し始めていた。その時、隣のアングラーのロッドが同じように引き絞られていたことは言うまでもない。さらに悪いことに、若者のリールのドラグ値はライン強度の25%を遥かに超えてしまっていた。100Lbテストラインを平気で使うようなツナ・マッチョのアングラーたちでさえ必ず守っているという25%のドラグ値をである。
オマツリを避けようと身体を横に向けたほんの一瞬をまるで狙っていたかのようにツナが突進した結果、若者はバランスを崩し、舷側レールを飛び越えて、寸でのところで片手でレールをつかんだ。レールを背に、どうにか後ろ手につかんでいるといった格好である。もちろん、リールはハーネスにしっかりとつながれたままだ。無茶なドラグ値という味方をつけた屈強なツナにとって、若者の片手をレールから離させることなどあまりにもたやすかった。若者は叫ぶ間もなく広大な太平洋へと落下した。ロッドとともに……。
まるで岩のごとく沈む若者ではあったが、リールのドラグレバーを探り当て、フリースプールにするまではどうにか息をこらえることができたようだ。なんとか海面に浮き上がった波は、タックル一式を腰の周りに付けたまま、無事?船に引き上げられたのである。
 

この事件を伝えた記事は一様に、彼がはたしてどのくらいの深さまで沈んだのかを話題にしていたが、いずれにしろ地獄の一歩手前まで沈んでいたことは間違いなかろう。
この幸運な?若者の話は、スタンダップに関する最も大切な教訓を我々に教えてくれている。いざスタンダップでビッグゲームに挑む際には、自身の体力的な限界と対象魚のパワーを考慮した上で、ジンバルベルトやハーネス類を慎重に選び、リールのドラグ値を設定すること、である。

なぜスタンダップなのか。
スタンダップ・フィッシングの利点

スタンダップによるビッグゲームとのファイトに、チェアファイトでは決して得られない利点とスリルがあるのは事実である。先述した若者が乗っていたような南カリフォルニアのロングレンジフリートにおいては、スタンダップという釣り方はあくまでも必要の結果として発達した。この手のボートにファイティングチェアは無縁であって、立ってファイトする以外に方法がないのは当然なのだ。しかしながら、チェアを装備したスポーツフィッシング・クルーザーの場合は違う。アングラーには、スタンダップかチェアかの選択が許されている。ビルフィッシュやツナの大物(ここで言う大物とは正真正銘のソレのことだが)とやりあう場合には、やはりファイティング・チェアのほうに強みがあるというのが私の意見なのだが、スタンダップでしか得られない利点というのも確かにあるのだ。  
スタンダップにはチェアでは決して得られない利点がある。それはコックピット内を自由に動けるという点だ。
 
ひとつは「動ける」という点である。魚がどの方向に走ろうが、スタンダップ・アングラーは自ら移動して対応することができる。このアドバンテージは特にファイトの最終段階において顕著になる。例えば、魚がボート際に寄ってきて、急にボートの下に潜られでもしたら、チェアにどっかと腰を下ろしたアングラーにとってはなす術がない。ところが、もしもコックピット内を自由に動ければ、アングラーはあらゆる状況に対して柔軟に対処することができるのである。
2番目は、スタンダップ用のショートロッドとクイックなポンピングを組み合わせることによって、魚に対してより大きなプレッシャーを与えることができ、その結果、ファイトタイムを短縮できるという点である。この作用を効果的に応用しているのが、マーシャ・ビアマンのようなマーリン・エキスパートたちである。事実、彼らはいわゆる「ショートストローク」テクニックを駆使して数え切れないほどマーリンをキャッチしている。もちろん、カリフォルニアのツナ・フィッシャーマンにしても同じ理屈だ。

小型艇では、あえてチェアを取りつけるよりも、スタンダップに徹したほうが理にかなっていると言えるだろう。
  そして、もうひとつの利点。それは同じゲームフィッシュを相手にするのなら、スタンダップでファイトしたほうがより充実した満足感が得られるという点である。実際、スタンダップであれば、チェアファイトではなかなか見ることのできない瞬間を目にする可能性もあろう。マーリンをフックアップした直後など、チェアアングラーはロッドやハーネスをセットするのに忙しく、跳躍するゲームフィッシュの姿を見る暇などないのが常である。それに、チェアよりもスタンダップで釣ったほうが上といった認識があることも確かだ。

ギアの重要性。賢い選び方と買い方

もともと西海岸のツナ・フィッシャーマンたちの間で火のついたスタンダップ・フィッシングだが、東海岸やカリブ海のアングラーに飛び火するのにさして時間はかからなかった。しかし、形ばかりが先走り、ハーネスやジンバルベルト、ロッドといったギアの重要性はすっかり忘れられてしまっているようだ。事実、テコの原理によるショートロッドの威力さえ知らずに、無茶なドラグセッティングをしているビギナーが後を絶たない。自らの体力的な限界と、タックルの限界をまったく無視したドラグ値にしているわけである。こうした無知は、先ほどの若者のように海に引きずり込まれるか、フック抜け、あるいはラインブレイクによって糸の切れた凧のごとく後ろに飛ばされるかのどちらか、いずれにしても悲惨なことに変わりはない結果をもたらすのである。当然のことだが、シミュレーティング・マシーンと現実との間には、常に大きな隔たりがあるものだ。ボートは絶えず揺れているわけで、実際の魚にしてもマシーンのような手加減は絶対にしてくれない。
何年か前のタックル・ショーで、私はシートハーネスのパワーを改めて実感した。ハーネスにはロープがつながれており、ロープは頭上の滑車を介して鉛の重りに結ばれている。ハーネスをセットして体重をかけると、重りが持ち上がり、ハーネスの威力が体験できるという仕掛けである。実際のファイトで魚に与えられるプレッシャーの大きさにいたく感動しながらも、私の脳裏にはふと別の恐ろしい考えがよぎった。このような物凄い力の引っ張り合いをしていて、もしもフックが抜けたり、ラインブレイクすると、いったいどうなるのか! 痛めた首や背中を擦りながら病院の廊下を歩く自分の姿が頭に浮かび、私は身震いした。
さてそれでは、これからスタンダップ・フィッシングを始めようというアングラーはどうすればいいのか。危険だから、やめる? とんでもない! それどころか、以下に述べる簡単なガイドライン――そのほとんどは常識的なものだが――を守るだけで安全にスタンダップ・フィッシングを楽しむことができるのだ。

 
なぜスタンダップ・ショートロッドが有利なのか
これはテコの原理である。シーソーでは、たとえ同じ体重の者であっても、座る位置によって傾き方が変わる。支点から遠くに座った者のほうに傾くのだ。アングラーにとって長いロッドよりも短いロッドのほうが有利なのは、このテコの原理が作用するからである。ロッドが短いということは、シーソーで支点から遠くに座るということなのだ。

これは悪い例。腕はあくまでも伸ばしたままで、黄金の正三角形を保ちながら下半身を使ってポンピングする。
  まず最初に、人はそれぞれ身長も違えば体格も違う。したがって、1本のロッドが全てのアングラーにフィットするわけではないという点を理解してほしい。とはいえ、全てのスタンダップ・ロッドに要求される条件というのも確かにある。18〜23Lbのドラグ値にも負けない腰の強さは最低条件だろう。スタンダップ用として売られているショートロッドは実に豊富だが、ただ単にブランクが短いというロッドには合格点は与えられない。5&1/2〜6ftの長さで、アルミのバットとローラー・ガイドが付いているものでなければならない。そして、バット部の長さは自分の体格に合わせて選ぶこと。もちろん、フォアグリップにもリールシートからの充分な長さが必要だが、具体的には実際にギア一式を装着した上で決定することだ。つまり、理想的には、ハーネス、ジンバルベルト、ロッドのシステム全体を一度に買い揃えてしまったほうがよいのである。
まず、ハーネス。ハーネスはキドニータイプのものでは腰そのものにピッタリとフィットしなければならない。これは最も重要な点である。最悪なのは、ヒップの下や太腿の裏側にハーネスを当てている場合で、これでは体重を掛けた時に重心が後ろになり過ぎてしまい危険である。

正三角形の大原則
スタンダップでは、フォアグリップを握った手と肩、そしてジンバルが正三角形を描かねばならない。これはロッドを選ぶ段階で確認する。ジンバルからフォアグリップまでの長さが、自分の身体に合うものを購入すればよい。また、ファイト中にはフォアグリップを持った腕は伸ばしたままで、曲げないこと。ポンピングは腕の力で行なうのではない。

  次にジンバルベルト。ジンバルベルトはハーネスとは別に装着するタイプでなければならない。位置は太腿の上部が適切で、膝上では下すぎ、ヘソ下では上すぎる。また、ジンバルベルトの幅はあくまでも自分の両太腿の幅に合ったものを選ぶこと。なぜか? これは小さなジンバルベルトを装着して実際にファイトしてみればすぐに分かるだろう。きっと5分と経たずに自分の過ちに気づくはずだ。
さて、自分の身体に合ったそれぞれのギアを選んだら、それら全てを実際にセットしてみる。ここが大事なところである。スタンダップの基本姿勢を保ち、全てのシステムが調和しているかを確かめるのである。ハーネスとジンバルベルトを先述の位置に装着したら、ロッドのフォアグリップに手が届くようにロッド&リールをセットする。そして、両足のかかとに体重がかかる程度にひざを曲げる。すると、上半身はわずかに前傾姿勢となるはずだ。ちょうどスキーのような格好である(もっともスキーの重心はつま先だが)。スキーでは上半身を前後に揺らすことなく、雪面の起伏に合わせてバランスを保つが、スタンダップ・ファイトも同じである。魚の突進やボートの揺れに対して、上半身を前後させずにバランスを保つ。重心であるかかとよりも後方に体重をかけたりはしないし、つま先に重心が移動するほど前傾してもならないのだ。
そして、システム全体の機能は、フォアグリップをつかんだ手、ロッドのバットエンド、肩の3点が正三角形を描くことによって初めて発揮される。つまり、三角形の内角がそれぞれ60度に保たれることで、快適さが得られるのである。もし正三角形にならないのであれば、バット部やフォアグリップの長さを変えて(ロッドを替えるという意味)調節する必要がある。何にせよ、この正三角形のバランスが得られるよう、自分の身長や座高、腕の長さに合わせてロッドを選ぶわけである。
 

スタンダップ用ハーネス&ジンバルベルト


RELIABLEのジンバルはバットが差し込める。


FISHERMAN'Sのハーネス&ジンバル。


BRAIDのツナ・ハーネス&ジンバル。


この美しいファイト姿勢を。この姿勢が保てるタックルとセッティング、そして訓練があってはじめて魚と渡り合えるのだ。
 

実戦の前には訓練ありき。
自らの限界とドラグの安全値を知る

さて、自分にピッタリのギア一式が揃ったからといってすぐ実戦に出掛けるにはまだ早い。何事も本番の前にはリハーサルが必要だ。だが、これは本番を前にした単なるリハーサルではなく、次の2点を確認するための重要な準備段階である。ひとつは、システム全体が自分にフィットしているかどうか、もうひとつは、自分の体力的な限界に応じてシステムが調整されているかどうか。
まず、ラインをしっかりした物に結び、先述した基本姿勢(かかとに体重をかけるように膝を曲げる)をとる。次に、重心を下げながら少し後方に体重を移動する。そして、この姿勢を保ったままストライク・ドラグ値をセットするのである。ビッグゲームの場合のドラグ値は使用しているラインテストには関係ない。重心のバランスを崩さず、かつ体力的な限界を超えない範囲内で、リールからラインが出ていく程度が望ましい。全体重を掛けてもラインがまったく出ないようなドラグ値は非常に危険だ。平均的なアングラーであれば、このドラグ値は18〜22Lbを超えることはないだろう。さらに、この姿勢を最低でも15〜20分間保ち続け、様子を見る。そうすれば、ドラグ値をもう少し緩めるべきかどうかが、身を持って実感できるはずである。

このようにして安全なドラグ値を知ることはとても大切で、例のロングレンジ・フリートの若者にしても、正しいドラグセッティングさえしていれば、あのような災難にも遭わずに済んだのである。
覚えてほしいのは、スタンダップ・ファイトにおけるビッグゲームのドラグ設定は体力的な許容範囲と安全性こそ最重要要素であって、ラインの破断強度はあくまでも二次的な要素にすぎないという点である。
ライン強度に応じてドラグ値を上げれば、アングラーに掛かる負担は増大する一方である。使用するラインテストに関しては、むしろリールのラインキャパシティーという側面から考えるべきなのである。もしもトロフィーサイズのゲームフィッシュを狙うのであれば、ラインテストに合わせてリールを選ぶのは当然だが(ラインキャパシティーとドラグシステムを考慮して)、ドラグ値の限界は絶対に体力的な許容範囲を超えてはならないのである。
チェア・ファイトでは、アングラーに掛かる負担の大部分はチェアによって吸収されるが、スタンダップ・ファイトは違う。スタンダップで挑むにあたっては、チェア・ファイトとはまったく違う新しい決まりや法則に従う必要があるということを肝に銘じてほしい。自分の身体にフィットするハーネス・システムや賢明なドラグセッティング、そしてバランスのとれた、いささかオーバーとも思える姿勢は全て、ラインブレイクやフック抜けといったアクシデントを防ぐためのものなのである。
  スタンダップの
ドラグセッティング

15〜20分間、この姿勢を保ち続けられるドラグ値にする。スタンダップでビッグゲームにチャレンジするには、ライン強度を基準にしたドラグ値にしてはならない。平均的なアングラーであれば、つまりもしもあなたがスタローンやシュワルツネッガーでなければ、ドラグ値は18〜22Lbを超えることは決してないだろう。

スタンダップは水平方向の引きに弱い。こんな時のためにも、ドラグセッティングは慎重に行なわねばならないのだ。
 

「スタンダップは横方向の引っ張りに弱い」という事実を理解する

さて、長い道のりではあったが、揺れるボートと突進するゲームフィッシュの待ち受ける現実の世界に挑戦する時がようやく訪れたようだ。この現実世界で実践されるポンピング・アクションを私は「ポンプ&グラインド」と名づけたい。それは賢明に実行すれば、アングラーが魚に対して与えることができる最大限のプレッシャーを生み出すものだ。特に、ファイトが垂直方向で行なわれる場合や、ボートがリバースをかけている場合などはそうである。

ただし、両足を大きく開き過ぎたり、ストロークの度に上半身を前後に倒し過ぎてエロティックなポンプ&グラインドを強調したりすると、非常に危険である。ボートから遠く離れた場所で魚が走っている時などは特に危険だ。このような状況では、垂直方向のファイト時と比べて、ロッドのしなりは少ない。そのため、ボートが揺れたり、魚が急に走ったりした時に、バランスを崩して転倒する可能性が高いのである。反対に、ボートの真下に魚が潜っている時は、ロッドのしなりが大きく、うまくバランスを保てるばかりか、より強いプレッシャーを掛けることができる。つまり、ロッドがしなるとフォアグリップとロッドティップ間の距離が短くなり、テコの原理がより強力に作用するのである。うまくバランスを保つためには、横方向のファイトよりも縦方向のファイトのほうがよいのだ。ショートストロークのポンピングが特に効果を発揮するのは、このような縦方向のファイト時である。リールのハンドルを素速く1回転するだけのショートストロークが、最大限のプレッシャーを魚に与えるのである。このテクニックはかなり昔にジョージョー・デル・グエルシオによって開発された。キャット・ケイ沖で巨大なブルーフィン・ツナとファイトしている時のことである。もっとも彼はファイティング・チェアとトローリング用のロングロッドを使用していたのだが、ショートストロークを駆使することによって、1日に8尾のブルーフィン・ツナをキャッチ&リリースすることに成功したのである。チェアに座ったデル・グエルシオが1回のショートポンプごとにハンドルを1/4回転するかしないかでファイトする様は、想像するだけで新鮮な興奮を呼び覚ましてくれる。
スタンダップ・フィッシングにおいても、これと同じ原理が働くわけである。スタンダップによるマーリン・フィッシングのエキスパート、マーシャ・ビアマンは、西海岸流の縦方向ショートストロークをマーリンに応用し、東海岸に広めたアングラーである。マシーンを使った実験では、彼女のポンピングが時にリールのプリセット・ドラグ値を超えるほどのパワーを生み出すことが実証されている。このことは確かに、それだけ強力なプレッシャーを魚に与えられるということを意味しているが、逆説的に言うなら、個人の体力的な限界に応じた安全なドラグ値の必要性をも暗示しているのである。
 
ラインが水平だと、ロッドのしなりが少なく、魚の引きがダイレクトにアングラーに伝わってしまう。反対に、ラインが垂直であればロッドのしなりが大きく、テコの原理を最大限に利用することができる。
 
先述したように、静止したボート上で遠く離れたマーリンとファイトしている時、つまりラインの角度が浅い場合には、大きなポンピングは行なってはならない。こういった場合にショートポンプが威力を発揮するわけだが、マーシャ・ビアマンのようなエキスパートによれば、そんな時こそ、基本的なドラグセッティングやポンピング姿勢に忠実であるべきだと言う。ラインが水平に近づけば近づくほど、前後にバランスを崩す危険は高くなる。ショートストロークの姿勢のまま大きくポンピングすれば、必ず何らかのトラブルに見舞われるだろう。

スタンダップは決して万能なフィッシング・スタイルではない。時と場合によってはチェアのほうがよいこともあるのだ。
 

ベストなフィッシング・システムを求めて

スタンダップ・フィッシングの数々の利点というのは私自身認めるところだが、一般的なトローリング・ロッドとファイティング・チェアの実用性がそろそろ見直されてもいいのではないかという考えがあるのもまた否定できない。チェアを使用すれば、ロッドを経由した魚の引きはチェアとジンバルに掛かる。ヘビーなタックルと、それに見合った強いドラグ値は非常に強力な張力を生むが、それはアングラーに掛かるものではない。
現在、スタンダップによるビッグゲーム・フィッシングは、その生誕場所である南カリフォルニアのロングレンジ・ツナ・ボート(必要の結果として誕生した釣法であるが)という範囲を超えて広く普及している。チェアを装備したボートであるにもかかわらず、多くのアングラーがあえてスタンダップ・スタイルを選ぶという状況である。

おそらく、ベストなフィッシング・システムというのはまだこの世に存在していない。現在のシステムを論理的に改良していくとすれば、テコの面で効率のよいスタンダップ用ショートロッドとファイティング・チェアとの組み合わせこそが次なるシステムではないだろうか。このシステムを現実のものにするための当面の問題は、先鋭的ないくつかのメーカーによってすでに克服されている。例えば、International Chairという製品などは、途中で気が変わり、チェアでファイトしたくなったスタンダップ・アングラーにはピッタリである。それは2種類のジンバルを供えたチェアで、一方は通常のトローリング・ロッド用、もう一方は短いスタンダップ・ロッド用である。つまり、バットの短いスタンダップ・ロッドであっても、股の間でリール・ハンドルを巻くという悪戦苦闘を演じなくてすむのである。またSo-Lo社では、通常のチェアに取りつけることのできるスタンダップ専用のロッドホルダーを製造している。
だが、ファイティング・チェアでショートロッドを使用する場合の問題はこればかりではない。ロッドが短かすぎるために、ガンネルやカバーリングボードにラインが擦れてしまうというのも、そのひとつである。しかし、これはあくまでもコックピット内の通常の位置にチェアをセットした場合の問題である。つまり、もしもチェアがカバーリングボードよりも高い位置にセットされていれば、この問題は解決し、アングラーはショートロッドの持つ威力を存分に発揮させることができるわけである。それに、スタンダップであれば自分の身体で吸収しなければならない負担を、チェアのジンバルに逃がすことができるのだ! ヨボヨボになってしまう前に、ぜひともこんなシステムでビッグフィッシュに挑戦してみたいものである。
コックピット・ポテト(カウチ・ポテトのアングラー版)に落ちぶれるのはもちろんイヤだが、「座れる時は座る」これが私の信条である。
 


チェアファイトでは、大きな負担はチェアとジンバルに掛かる。アングラーはそれだけ楽にファイトできるのだ。


このスタンダップ・アングラーはついに座り込んでしまったようだ。これはもちろん悪い例だ。

 

 

スタンダップ・フィッシングの起源を遡るとサンタ・カタリナ島に辿り着く

スタンダップ・フィッシングの起源は、南カリフォルニアのロング・レンジ・フリートというよりは、むしろ19世紀後半のサンタ・カタリナ島におけるカタリナ・ツナ・クラブに求めるべきであろう。そもそもファイティング・チェアという代物が開発される以前の必要から生まれたスタイルであり、当時、釣りといえば、それはそのままスタンダップを意味していた。現在のスタンダップがチェアからの解放を指向していることを考えると、まさに温故知新のレストレーションと言えそうだ。


19世紀後半のスタンダップ・ファイト。
 
カタリナ・ツナ・クラブ創設時のキャッチ。
 
ツナ・クラブの創設者チャールズFホルダー。
         

当時のサンタ・カタリナ島アヴァロン。スタンダップの起源はビッグゲームの起源でもある。
 

 

Stand-up Fishing
西海岸から東海岸へ
スタンダップの必要性は消失し、よりマニアックに発展した

必要は発明の母、という諺を誰が最初に言い出したのかは定かでない。けれども、この諺を聞いたある愚者は「するとハイヒールはおでこにキスされた女性によって発明されたんだろうな」と言ったとか……。
フィッシングの世界でも、このハイヒールの洒落のように、必要に応じた様々な発明工夫やビッグゲーム用のモダンなタックルがぞくぞくと登場しているが、その中で最も新しいのがスタンダップ・フィッシングであろう。このスタンダップ・フィッシング用のタックルの開発は、そもそも、南カリフォルニアの沖合を長期遠征するパーティーボートで巨大なイエローフィン・ツナと悪戦苦闘する釣客の必要に応じ、近年になって生まれたものである。そのようなパーティーボートでは、強烈なイエローフィン・ツナの引きを、アングラーは立ったまま自分の肩で受けとめなければならない。手摺りに膝を固定させ、必死にバランスをとりつつ、高い甲板から、深い海の底にいる獲物と渡り合わなければならないのだ。こんなパワフルな大洋の大物と対決するために、当然あるべきファイティング・チェアーもそこにはないのである。

スタンダップ・フィッシング用のタックルは、このようなアングラーを念頭において開発されたのである。バットの短い頑丈なショート・ロッドは古くからあったが、その有効性が再評価されて以来、さらに高度なものへと改良・発展してきた。特にロウ・ライズの特注ジンバルが装着された場合、それは信じがたいほどのリカバリー・パワーを発揮する。ロッド・バットはさらに短くなり、フォアグリップは逆に長くなった。その結果、アングラーは立ち姿勢のまま、リールのはるか前方をしっかり握り締めることができ、より強力なパワーを伝えられるようになった。
キドニーハーネスは豊富な種類が開発され、どんな体格のアングラーでもぴたりとマッチするものが見つかるようになった。ロッドも短くてパワフルな“ストローカー”に続いて、すさまじいリカバリー・パワーを持つグラファイト・コンポジットのショートロッドが登場してきた。
 
 
スタンダップ・フィッシングの釣果は、そのハーネスの良し悪しに負うところが大きい。当初はシッダウン・ハーネスを流用していたが、そのショルダー部とブレイシング部をさらに改良したスタンダップ・フィッシング専用のものも売り出されてきた。その昔、ノヴァ・スコシアの沖合で改造した床屋の椅子の上でツナとファイトした時代のハーネスに使われていた帆布や革も、今では宇宙時代の化学繊維にとって代わられた。ストラップの長さは、スタンディング・ポジションに合うように改良され、ジンバル・ベルトがハーネスにクリップで止められるようになった。そのおかげで、かつてのようにジンバル・ベルトで腹を締めつけられることもなくなった。

必要の結果として生まれたスタンダップ・フィッシングだが、東海岸のビルフィッシャーたちの間に広まるにつれ、意味が異なってきた。
  時を経ずして、スタンダップ・フィッシングは東部にも普及しはじめた。北大西洋のアングラーも、このサンディエゴ生まれのフィッシング・テクニックを取り入れるようになってきたのだ。
当初、スタンダップ・フィッシングの各種タックルは、カリフォルニア沖合での中型魚(ビッグアイ、ブルーフィン、イエローテイル)を対象にしたカスタム・メイド的なものであったが、次第により大型の魚を狙うアングラーの注目をも集めはじめたのだ。
スタンダップ・フィッシングの呼称がビルフィッシャーの間で広まったとき、その必要性は、これまでとガラリとちがっていた。“男っぽい腕力”を誇示するためのものに変じたのだ。そして、釣具メーカーも、この新しい商品を売るために、その風潮をあおってきた面がなくもない。なぜなら、まず第一に、ビルフィッシングはツナ・フィッシングと違ってパーティーボートで釣ることがめったにない。第二に、ビルフィッシング用のボートには、必ずと言っていいほどファイティング・チェアーが備わっている。大多数のビルフィッシャーはサンディエゴの釣客よりもはるかに恵まれた装備を持っている。その中で、あえてスタンダップ・テクニックを用いようとするのは、ライトタックル信奉者か超マニアックなビルフィッシャーだけである。彼らにしろ、トーナメント優勝のかかる場合には、ファイティング・チェアを好んで用いるはずだ。よって、この場合“発明の必要性”の多くの部分は消失しているのである。

マニアックなアングラーにスタンダップがうける理由

とはいえ、スタンダップ・フィッシングの各種タックルとそのテクニックは、熱心なビルフィッシャーたちに受け入れられつつあるようだ。 アングラーが自由に動けるという点は、特にビルフィッシュのようなゲームフィッシングに大きな優位性を与える。その方が、より素早く、より容易に、ロッドティップを魚の動きに合わせることが出来るし、ランディングの際に起きがちなパニック状態を回避することも出来る。またビルフィッシュが、突然、船底に潜り込んだ場合にも、ファイティング・チェアに縛り付けられているアングラーよりはるかに的確にその動きをコントロール出来るのである。
スタンダップ・テクニックは、ファイティング・チェアを持たぬ小型ボートでのビルフィッシングに最適と言える。20〜50Lbクラスのスタンダップ・タックルを用いれば、ファイティング・チェアを装備したボートに決して劣らぬ成果をあげられるはずだ。またセイルフィッシュを探している時によく起きる複数ヒットの場合でも、そのボートにロケット・ランチャーが備わっていれば、スタンダップ・テクニックの方がずっと容易に対処できる。多連装式ロケット・ランチャーは、実のところ、ファイティング・チェアでのフィッシングに勝る有利性をスタンダップ・アングラーに与え、多重フックアップを巧みにさばけることから、さらに釣果を上げることにつながるのである。

 
セイルフィッシュのマルチストライクにも、ロケット・ランチャーがあれば、スタンダップが有利だ。
 
実際、50Lbクラスまでならば、ほとんどのビルフィッシュは、スタンダップ・テクニックでランディングすることができるのだ。むろん、それに相応しいロッドとぴたりとフィットしたハーネス、それに練習が不可欠ではあるが……。魚へどれくらいのプレッシャーがかけられるかは、チェア、スタンダップにかかわらずリールのドラッグ強度設定によっているが、多くのアングラーは、スタンダップ・フィッシングの方がより容易に最大限のプレッシャーをかけられると感じている。どちらの釣り方においても、経験を積んだアングラーは、もしその必要があれば、ラインかスプールを手袋をした手で押して補助的なプレッシャーをかけられる。
    スタンダップ・フィッシングの優位な点はまだ他にもある。予算の限られた小型ボートにとっては、高価なファイティング・チェアと手軽なハーネスのどちらが負担が少ないか、すぐに判断がつくだろう。
左:黄金の正三角形スタイルを保つアングラー。
右:ハーネス使用時は、左手をリールにおいてもよい。
   
 

ラインクラスで言えば50Lbテスト
これがスタンダップの上限

現在では、大手のオフショアー用ロッドメーカーのほとんどはスタンダップ専用のショートロッドを製造するようになった。その大部分はファイバーグラスのブランクから製作されるが、最近ではグラファイト・コンポジットを使ったショートロッドがその戦列に加わった。グラファイトは軽量でありながら高い反発力を持つというのが特長だが、スタンダップ・フィッシングにおいては、その優れた反発力は意味を持たず、逆効果である。その理由は、30〜50Lbクラスのスタンダップ・タックルを使用するアングラーは、ファイティング・チェアのアングラーほどには、ロッドの性能に頼ることが少ないからである。つまり、スタンダップ・フィッシングではショートポンピングがもっとも有効なテクニックであるため、ロッド自体の反発力にほとんど頼らないのだ。代わりにロッドティップには十分な強さが要求されるが、それは、ロッド自体の反発力で徐々にラインを回収するのと違って、ショートポンピングの場合はストロークの度に少しづつラインを巻き取るからである。
私の友人ボブ・スターンの例を見てみよう。数年前、彼はエクアドルのサリナス沖で、数尾の300Lb級のパシフィック・ブルーマーリンとスタンダップでファイトしたが、私はショートロッドがいかに彼のパワーを見事に伝達するかを見て驚嘆した。揺れるデッキの上で両足を踏ん張り、パワーを伝えるために、ポンピングしつつ腰を前後にグラインドさせる彼の格好を見て、つい腹をかかえて笑ってしまったことは認めなければならない。大型マーリンをポンプアップするときに、ストリップ酒場の踊り子みたいな格好を見せるのはちと辛いものがあるが、それで見事にランディングできればどうってことはない。腰を前後にゆする動作は、ラインを巻き取るポンピングのリズムを保つためにどうしても必要なことなのだから。
格好はどうであれ、このショートポンプ・テクニックは実に効果的である。ストレスと疲労度という面でもファイティング・チェアのアングラーとさほど変わらず、もしかすると少ないとさえ言えるかも知れない。とはいえ、これは50Lbクラスまでに限って言える事である。念のため、80Lbクラスのタックルを使って超大物マーリンとスタンダップでファイトしようというアングラーがいるとすれば、それは頭のおかしな筋肉マン以外の何者でもない。

陸上での秤を使った練習と、現場での実際の釣りの間には大きな隔たりがある。ファイティング・チェアの場合、80Lbテストタックルのドラグ強度を26〜30Lbに設定しても、時間さえかければ、超大物マーリンと十分にファイトできる。もっとも、1,000Lb級のマーリンを5分間で捕獲しようなんて言うバカげた風潮にかぶれているアングラーは別である……それは、黒煙をモウモウとあげながら猛スピードでボートをリバースさせ、屈強なデッキボーイがフライングギャフをその魚体に打ち込んでしまう、という釣り方である。80Lbクラス・タックルはあくまでもファイティング・チェアの使用を前提にしたものと考えたい
また、最近、店頭に出回っているショートロッドの中には、その使用限界を示す“30〜130Lbクラス”のラベルが貼られたものがあるが、私に言わせれば、これは実に馬鹿げたことである。130Lbラインをスタンディングで使用するなど、まさに気違いじみた話だからだ。
 
ショートストロークを駆使したスタンダップファイトでは、効果的なラインリカバリーのために、硬いロッドティップが要求される。
 
ホワイト・マーリン、ストライプト・マーリン、セイルフィッシュを狙う大抵のアングラーは50Lb以下のタックルを用いており、この場合はスタンダップ・タックルの使用も理にかなっている。同様のことは、400Lb以下のブルー・マーリンにも当てはまる。とはいえ……小型のブルー・マーリンに混じって生涯に一度というような大物がいる可能性がある場合は、なるべく大きなタックルを使いたくなるのが人情というものである。小型のビルフィッシュを大きなタックルで釣っても、それは少しも不面目なことではない。もしかしたら、というアングラーならではの夢に賭けていることなのだから。トーナメントの場合にもこれと同じことが言える。最初から小さい獲物を小さなタックルで狙うより、出来るだけ大きなタックルで大きな獲物を狙うのが当然の心理である。
さて、スタンダップ・タックルを使用したいと思うアングラーは次の点をくれぐれも考慮して慎重に決断してほしい。一度、スタンダップ・フィッシングを開始したら、少なくともファイティング・チェアのジンバル・アダプターチューブを備えない限り、そう簡単に考えを変えることは出来ないからだ。ヒットした魚が予想以上に大きくて、スタンダップ・フィッシングでは対処できないと判断し、ショートロッドを持ったままファイティング・チェアに座ったとしても、バット部が短いためにリールが両膝の間に挟まってしまい、とても釣りにはならないのである。私は、エクアドルの沖合いでこのような例を何回も見ている。もし、必要が発明の母であるならば、災難は教訓の母である。

最後にもう一度タックルについて

スタンダップ・タックルについていくらか説明しておこう。現在、全長5ft半から6ftまでのスタンダップ・ロッドが大抵の大手ロッドメーカーによって製造されている。重さはマチマチだが、もっとも軽くて強いのがグラファイト製のものである。お値段はハリますが……。リールはビッグゲームがメインならば、スタードラッグのものよりもレバードラッグの方が適している。これは、ファイト中にドラッグ強度を変える必要性が必ず起きるが、その場合でもレバードラッグならばストライクポジションがプリセットであるため、その価を変更しなくても済む。これが出来ないのがスタードラッグの最大の弱みである。

 
スタンダップ・タックルの上限は50Lbまで。それ以上ヘビーなタックルをあえて使う理由は見当たらない。ファイトに入れば、チェアへの変更がきかないことを忘れずに。
 
次にハーネスであるが、これはスタンダップ・フィッシングにとってロッドとリールと同じくらいに重要なギアである。ハーネスとジンバル・ベルトがぴたりとアングラーの体にフィットしていなければ、ショートロッドの利点の多くが失われてしまう。スタンダップ・スタイルで大型魚とファイト中、アングラーは常に体のバランスを微妙に保っていなければならない。もしリールのドラッグが噛んだり、あるいは、もしハーネスがぴったりフィットしていなかったりすれば、ポンピングでロッドを前に倒したとき、体ごと海中にひきずりこまれるような目に遭わないとも限らないのである。ハーネスは必ず体の重心のセンターに来るようにきちんと調節することが肝要だ。それが、前に行き過ぎたり、後ろに行き過ぎたりしてもいけない。これは、旧式のハイライディング・ジンバルベルトを持つキャスティング・ハーネスには出来ない芸当である。
ジンバルのパッド位置はアングラーの太股上部に合い、ベルトとパッドの幅はアングラーの体形にフィットしたものでなければならない。また、ハーネスを買う前にロッドとリールにフィットするかどうかもチェックしておくべきである。Braid、Sampo、Rip Off、Ruff'n Ready、Harken、Constant Guigo……らの各社製品の中から、自分にもっともフィットするものを探せばよい。そのときには、実際に自分の体につけてみて(むろんロッド&リールも)ロッドティップを誰かに下へ引っ張ってもらい、ポンピング動作のときのバランス等をチェックするべきである。
ジンバル・ベルトを選ぶ際の注意点は、パッドが充分な厚さを持ち、アングラーの太腿を快適に覆うことができるかどうか、キドニーハーネスがきちんと体にフィットしているかどうか、そのバランスをチェックすることである。最後に、ストラップの長さが体に合うように調節しても充分に足りるかどうかも調べること。
さて、スタンダップ・フィッシングにチャレンジするための、これらの“ハイヒール装備”がすべて整えば……もはや、おでこには二度とキスされないという自信が沸いてくるであろう。
 

 

筆者紹介/ドン・マン(Don Mann)
アメリカのビッグゲーム・シーンを語る時には欠かせないライター&フォトグラファー。ただ傍観者として関わるのではなく、自らもロッドを握る。アメリカでは非常に名の知れたアングラーである。事実、すべての9ビルフィッシュを11カ月と1週間のうちにキャッチするという偉業を達成しており、IGFAに認定され、1989年のギネスブックにも名を残している。この記録は当ウェブで紹介したラス・ヘンズリーに破られるまで史上最短のものであった。また、37kg(80Lb)テストラインで810Lbのアトランティック・ブルーマーリンをキャッチしており、栄誉あるIGFA「10to1クラブ」入りを果たしている。共著に「Great Fishing Adventures」があり、「Marlin」「Fishing World」「Florida Sportsman」等に記事を連載している。

 
フィッシング・テクニック
   
テクニック&ハウツー特集
ビッグゲーム.フィッシング入門
オージー流ブラックマーリン・メソッドの全貌
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック1
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック2
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック3
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック4
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック5
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック6
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック7
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック8
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック9
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック10
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック 11
『 IGFA ルール』を今一度勉強する
グリーン・スティックとティーザー
ダウンリガー・フィッシング(1)
ダウンリガー・フィッシング(2)
ダウンリガー・フィッシング(3)
ダウンリガー・フィッシング(4)
ダウンリガー・フィッシング(5)
ウルトラ・ライト・タックルの世界
メカジキに挑む
FISHING KNOTS(1)
FISHING KNOTS(2)
FISHING KNOTS(3)
FISHING KNOTS(4)
FISHING KNOTS(5)
FISHING KNOTS(6)
FISHING KNOTS(7)
FISHING KNOTS(8)
FISHING KNOTS(9)
FISHING KNOTS(10)
FISHING KNOTS(11)
ダウンリガー・ライブベイティングでビルフィッシュを狙う!
バーブレスの倫理学
バーブレスフックは本当にバレやすいか?
スタンダップの極意
 
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2006 HATTEN-SHIYOH All Rights Reserved.