BIG GAME POLICY 釣りに対する姿勢 会社案内
 
   
 
BIG BLUE CHASE KAZIKI
 
 
HOME CHASE フィッシング・テクニック オージー流ブラックマーリン・メソッドの全貌

TROPHY BLACKS
A Report On Australia's Dead-Bait Fishery

オージー流
ブラックマーリン・メソッドの全貌

山本光平

 
 

フィッシングのメソッドは、場所により、ボートにより、また対象魚やエサによって全て変化する。
ここでは、私たちのチームのグランダー達成を可能にしてくれた、グレート・バリア・リーフの雄<カマリ>号とそのキャプテン、ジェフ・ファーガソンのメソッドをご紹介しよう。

ブラックマーリン・フィッシングの概要

リザード・アイランド周辺におけるブラックマーリンのベストシーズンは、9〜11月である。この時期のブラックは小さいもので100ポンド(45kg)。大きいのはもちろん1,000ポンド以上のグランダー狙いとなる。200〜600ポンドクラスが一番多いようだが、当然その日の運と海況次第である。


リザード島からリーフを出るまでに釣ったクィーンフィッシュなどをさっそくデッドベイトにする。
  対して、ベイトにする魚は、リーフの外にいるカツオをライブベイトとして使用し、リーフ内のクィーンフィッシュ(現地ではラージマウス)、スパニッシュマッカレル(タンギギ)、レインボー(ツムブリ)の3種はデッドベイトとする。
このうちベストなのはやはりカツオのライブベイトで、ストライクのとりやすさ、喰い込みの良さでは安定している。しかしパヤオ(FAD)を設置していないので、ナブラがなければ全く手に入らない。しかし朝は、リザード島からリーフを出るまで、デッドベイト用に漁師よろしく手釣りで5匹くらい、運が良ければ50〜60匹は入手可能である。
さて、メイト(クルー)はヒマな時間にせっせとベイト作りに精を出すはずなので、ちょっと手伝わせてもらえばベイト・リギングはすぐに覚えることができる。別図1を参考にして欲しい。
 
一方、タックル類は130ポンドタックル・オンリーと考えて良い。その理由は、グランダーの可能性もさる事ながら、何と言ってもシャーク対策である。もちろん、あくまでライトタックルで狙うのも自由だが、たかだかベイト釣りでもすぐにサメが寄って来る所なのだ。シャークバイトにビクビクしながらでは、本来の釣りの楽しみが半減してしまうこと必至である。
ちなみに<カマリ>では、この130ポンドを2本だけ使用している。両舷ともアウトリガーを使い、右舷は40mくらい後方にスイミング(デッド)ベイトを、そして左舷は25mくらい後方に、スキッピング(デッド)ベイトを流すのが通常のパターンで、ラインワークはWラインが3〜3.5mくらい、リーダーは全長で5〜6mくらいで、別図2のような構成の針金(スティール)である。もちろん、IGFA規定をクリアしている。フックはスティールの14/0〜17/0クラスを1本づけとする。
さて、以上がおおよその概要であるが、現地ではオーストラリア流のフリースプール・テクニックにずいぶん混乱してしまった。8回連続、バラシにつぐバラシの嵐! しかし、「郷に入れば郷に従う」をモットーとする我がCATSチームは最終的にはオージー流フィッシングによるビッグゲームを堪能することができた。
 
 

ストライクまでの展開について

a:ハーネスとチェアー
ハーネスは一般的に“ツナハーネス”と呼ばれるヒップタイプを使用する。その利点は、チェアーのフットレストをフルに使用し、全身の体重をかけてポンピングを助けるのが可能なことだ。500ポンドを超えるマーリンのジャンプとダイブはさすがにダイナミックで、対抗するには渾身のパワーが必要となる。もしもショールダーハーネスを使ってしまうと、ハーネスが絞り込まれ、肺が強力に締めつけられる。その結果、充分な呼吸ができなくなり、ファイトに支障をきたしてしまう。
一方、<カマリ>のファイティングチェアーは典型的なオージー・タイプだった。オーストラリア製の「プリシジョン」や「ケブラーキャット」等のボートに装備されている、サイドロッドホルダーの位置が高い、あの手のタイプである。なぜこの位置でなければならないのか、理由は今もって不明だが、実際の使用では、ストライク持ちの時、リール・ポジションが当然、若干高くなるが、USタイプに比べてリールが体の近くにある分、フリースプールのコントロールは容易となる(後で詳しく解説したい)。

b:ベイトのセッティングについて
セッティングについては、リグとして用意する段階と、ストライクの為のセッティングに大別される。
リギングとしてはデッドベイトを多用するので、「スイミングベイト」と「スキッピングベイト」について述べてみよう。


大型のタンギギ(TANGUIGUE)等は、スキッピング・タイプのデッドベイトとして使用する。
  スイミングベイトは、読んで字の如く「泳ぐエサ」のこと。デッドベイトなのに泳ぐ? まるでゾンビだが、その上手下手がデッキハンドの力量の差となる。一般的には、ディボーナーを使って骨抜きをしたり、背骨を折ったりしてユラユラと弱った魚の動きを演出する。しかし<カマリ>では、骨には一切手を加えず、シンカーも余り使わずにこの演出を実現している。多分にアウトリガーからの距離調整と、曳き波、操船テクニックとの併用で行なっていると考えられるが、これが<カマリ>の総合的なポテンシャルの高さにつながっている。作り方は別図(1)の通りで、このスイミングタイプは右舷のアウトリガーからロングに出す。
一方、スキッピングベイトはカツオの3〜10kgクラス、あるいはタンギギと呼ばれるサワラの類を使う。簡単に言えば、少し丸っこい魚や大きい魚をパシャパシャと水面をはねるように曳いて、ティーザーの役目を兼ねさせる手法である(別図3)。
 
 
さて、どちらのベイトが有効かは一回の釣行では判断できなかったが、別表Aのように、興味深い結果が得られた。まず、チェイスして来て、しかもストライクしなかったカジキは全てスイミングベイトだった。様子を見に来て見抜かれてしまったのかもしれない。またバラクーダに持って行かれたのも全て遠くにセッティングしたスイミングベイトで、ストライク数は7匹だった。
 
(別表A)ベイトの種類とカジキのアクション

表中の数字はカジキの重量。ただしランディングしたもの以外は全て推定重量。
 
一方、カジキについてはチェイス5回(実際にはもっとあったかもしれない)で、ストライクしたカジキはスイミングが遠方で、しかも水中にあった為、大きさは推測不可能だった。ショートアウトリガーのスキッピングベイトについては、近くの水面にあるのでカジキのサイズは全て推測でき、100〜800ポンドクラスがストライクしている。またファイト中のバレについては、スイミングベイトが4匹でスキッピングベイトは0だった。
私の見る所では、フックのセッティング方法とフックアップには関係があると思われる。つまりフックが全部露出している方が呑み込ませた後のかかり具合が良いのではないかと、少ないデータではあるが判断している。ランディング数そのものは3匹対3匹で、サイズも余り変らない結果となっている。

キャプテン、ジェフ・ファーガソンの愛艇<カマリ>は、オーストラリア最強のチャーターボートにランクされる。
  一般によく言われる「ブラックマーリンはルアーでフックアップしにくい」という説は、表で見る限り本当のようだ。実際、<カマリ>でもルアーは一時間ほど試し曳きした程度だった。ただし、私のデータには例の“バラシの嵐”が含まれている。ルアー曳きと違い、ストライクの瞬間から自分で仕掛ける釣りなので、どの時点をもって“ファイト”に数えるかは意見の分れる所だが、私達は「フックアップ後、ハーネスをかけてリールを巻いたらファイト」と今回は規定していた。その中で、フリースプールのテクニックがよくのみこめず、不完全なフックアップになってしまったケースがかなりあったので、ショートアウトリガー(スキッピングベイト)のストライクは本来ならもっと良い結果だったのかもしれない。一応1回限りのデータ分析として参考程度にしていただきたい。

c:ストライク直後の対応について

まず、オーストラリアのブラックマーリン釣りにはオーストラリア流のやり方があることを確認してほしい。具体的にあげると
1. ダウンリガーを使用しない。これはリーフ沿いで水深が浅いことと、これだけのストライクがあれば単純に不要ということなのだろう。
2. ドロップバック量は少ない。ジェフ・ファーガソンによると、ブラックとブルーは捕食パターンが違うとのこと。ハワイでは、ドラッグはストライクポジションのまま、ドロップバックを40ft以上と長くとるのが普通だ。しかし、これはブルーマーリンの釣り方だとジェフは言う。理由は、ブラック、特に大型はブルーほどナーバスでなく、いきなり喰うパターンが多く、フリースプールを有効に使って呑み込ませる方が、絶対的にフックアップ率が高いため。また一説には、ブラックは捕食時に胃袋の中に何も入っていないことが多く、変なテンションがかかるとすぐに胃洗いしてしまうから、とも言われている。
とにかく、私のように「ハワイで慣れている」等といった変な自信や先入観はここでは通用しない。何回でも納得するまで聞いて、ストライク直後のフリースプールとドロップバックの関係について理解しておかなければならない。この釣行でグランダーとなった井上氏はオーストラリアに来るまで1本、ハワイでブルーを釣っただけで、むしろ白紙状態で釣りをしたのが好結果に結びついたわけで、自称ベテランほど注意が必要と言えよう。

 
最後の最後までファイトを続けるブラックマーリン。写真のブラックは小型サイズながら、そのパワーの持続には目を見張るものがあった。
 

フリースプールについて

<カマリ>船上でのストライクは、他のフネでは味わえない素晴らしい経験だ。ジェフも2人のクルーもほとんど全て、チェイスとストライクの瞬間を見ている。これは、ストライクしやすい時間帯がある程度わかっているのと(別表B参照)、ベイトを2本、しかも水面近くにセットしていることにもよるが、何よりもジェフ以下クルーの士気が高いことが一番の理由だ。しかし、この素晴らしいストライクを彼らに任せっきりにしておくと、あとで大問題が発生し、それが“バラシの嵐”につながる。

 
(別表B)ストライクの時間帯(1991年11月8〜15日) ※11月6日は新月

12:00〜13:00にヒットしたカジキは小型かいたずらカジキが多かった。
15:00〜16:00はヒット率もずば抜けて高く、それにつれてランディング率も高い。
※1 ヒット時間15:55 満潮17:15(2.02m) 干潮8:15(1.19m)
※2 ヒット時間17:10 満潮16:15(1.99m) 干潮5:50(1.06m)
 
ひとつは「バックラッシュ」。前述の通り、ブラックはいきなり喰うくせにすぐに吐き出す習性がある。妙なテンションを与えないため、ドラッグはほとんど完全にフリーまで下げるので、バックラッシュが起こりやすくなる。だからアングラーは一日中ファイティングチェアー付近で待機しないと、せっかくのストライクをモノにできなくなる。ラインが130ポンドだから、そのバックラッシュは筆舌に尽し難いほど、メチャクチャな状態になる。
次に「不完全なフックアップ」。これも、ストライク直後のタックル操作に遅れると起る。ストライク後の魚の動きを常に感じとって、ボートと一体行動する必要があるわけだ。したがって、アングラーは強い直射日光から肌を守る薄手のトラウザーとジャケットを着て、常に臨戦体制で待機することになる。
一般のトローリングのルアー釣りでは、ボートのスピードとストライク・ポジションの併用で「向こう合わせ」的にヒットするので、ボートさえゴーしてくれれば、極端なことを言えばアングラーが居眠りしていてもフックアップはあり得る。しかし、ブラック釣りでベイトを使用する場合は、皆の協力の下にアングラー自らがフックアップを仕掛けることになるので、そこがおもしろくもあり、また難しくもあるわけだ。

a:フリースプールの手順

今、ストライクがあったとする。ラインはアウトリガーピンを離れたたるむが、ドロップバックに余裕はないので、ヒットしたタックルにいかに早く近づくかが初期の重要ポイントになる。
1. リールのドラッグを、完全にフリーポジションにする。
2. スプールのサイド(内側)を親指で押さえてバックラッシュにならないよう、最低のプレッシャーを与える(別図4)。
3. それでもラインがじわじわ出るようならフックアップする可能性が高いので、チェアーに移動する。この間、親指はスプールに当てたまま、タックルはジンバルへ移さない。
4. ボートは停止または少しリバースして、ラインテンションをフリーにするためのアシストに入る。
5. この間に静かに、そして素早くタックルをチェアー中央に移し、ハーネスをかけて待機する。

 

グレイト・ブラックが海面を割り、その神々しい魚体をさらけ出す。この瞬間は正にハンティングのスリルだ。
  6. ラインがするすると動き出したら、両足を思いっきり突っ張ってキャプテンの合図を待つ。
7. キャプテンが「ゴー」と合図したら、アングラーはロッドを少々上げ気味にして、再度足を踏ん張り、ドラッグをストライクポジション(約20〜25kg)に入れる。ボートはすでに前進を開始している。
8. ラインがタイトになり、クリックが鳴り出し、どえらい力で海中に引き込まれそうになってカジキがジャンプしたら、一応フックアップ成功となる。

b:フックアップ失敗の原因

1. 完全なフリーにするのが遅れる。これには魚側とアングラー側の両方に原因が考えられる。前者は、いきなりのストライクで自分でフックアップ未遂になるパターン。勝手にヒットして勝手にプル・オフしてしまう。後者は、アングラーが寝てたりトイレに行ってたり等で“完全フリー”が間に合わず、ラインテンションを感じた魚がベイトを吐き出し、プル・オフしてしまうパターン。いずれにしてもバレるかバックラッシュという結果になるので、ストライクの「ス」の字でリールに飛びつくぐらいの機敏さが大切となる。
2. スプールの押し過ぎ。これならドラッグを入れたのと同じことになり、やはりプル・オフの原因になる。バックラッシュしない最低限の力で充分。その場合、ラインに指を置くのが一般的だが、超ヘビー級がフックアップして走り出すとダクロンラインで火傷する可能性があるので、濡れた親指でスプールのプレートをプレスするようにしたい。
3. 両足を折り曲げてしまう。すると、フックアップのためボートを前進させたとき、思いもよらないパワーで海中に引きずり込まれる可能性がある。そこでボートはゴーを中断し、その結果、フックアップが不完全となる。かなりの体重とパワーを有するアングラーでも、足を曲げた状態ではブラックの強大な力に耐えられるものではない。

 

今回の釣行では、推定700ポンド以下のサイズは全てリリースすることにした。写真はタギングの瞬間。
 

c:フックアップ後のミスについて

私達の今回の釣行では、総ヒット数22本に対しファイトまで持ち込めたのはランディングも含めて10本。つまり45%の確率となっている。もちろん不慣れでフックアップが不完全だったものも相当あるが、それにしてもブラックは、口中あるいは胃袋までベイトを送り込むのがかなり難しい魚であると思う。オーストラリアにおける最近のデータでは、アングラーが1日につき0.3匹なのでランディング確率は30%、この時の釣行では、我々は8日間で22ストライク(2.75匹/1日)、その内ファイト中のバレ4匹(0.5匹/1日)、ランディングはタグ&リリースを含めて6匹(0.75匹/1日)との結果を得たから、数字上はアベレージの倍近くのトラブルに見舞われる事になった。フックアップに至るまでは、かなりのタクティクスとラックが必要と思われる。

 

ブラックとのファイトについて

我々CATSチームの釣行では、コジャック井上氏のグランダーに2時間20分のファイト時間をさいた。しかし、全般的に見てランディングまでの時間は短い(別表C)。これは名艇<カマリ>に乗船し、130ポンドラインを使用したことを考慮しても、ブラックのファイトの特徴を表わしているように思われる。ブラックマーリンはフックアップ後、スムーズに行けば5〜10分ぐらいで引き寄せが可能なのだ。

その理由の第一は、水面でのファイトが多いこと。実際、潜るブラックはほとんどいなかった。第二は、ブラックは戦闘的(?)で、一度はボートのスターンに向かって突っ込んでくるパターンが多いこと。そのため、うまくリワインドしてラインテンションを保ち、最高の操船と最高のリーダーワークと最高のギャフワークが揃えば、短時間で最高のフィッシングを楽しむことができる。  
(別表C)ファイティング・タイム
(フックアップ後からファーストギャフ、またはT&Rまで)

 
ただし、余り強引にやると私の895ポンドのように、釣るのに7分、ギャフ・インからランディングまで10分と、大変に危険なワイルドギャフになってしまう。
ブラックのもう一つの特徴として、リーダーをつかめそうな距離から急に反転し、フルジャンプすることが多いのは周知の通りである。超重量級のフルジャンプはブルーマーリンではあまりお目にかかれない代物であり、今も私の脳裏にあざやかに焼きついている。しかし、その反面(井上氏のグランダーのときがそうだったが)、最初のチャンスを逃してダイブされたときの苦しさは大変なものになる。両足を突っ張ったままヒップハーネスをチェアーにつける事ができなくなり、文字通りひきずり倒される。
ダイブの深度はブルーほど深くはないが、あの巨体がじわじわとアングラーを苦しめる。井上氏の場合は幸運にも日没近かったので熱射病からは逃れられた。クルーの力量を超えるラフワークをさせないよう、やはりある程度は弱らせたいところだ。

リザード・アイランドは、南緯14°40'、東経145°28'に位置する面積10平方km程の小島である。英国のロイヤルファミリーがこの島でバカンスを楽しむことでも有名である。
 

タックル再話

今回のタックルはIGFA規定内のカマリ・カスタムロッドにペン・インター130だった。2個のペンの内、1つはS仕様で2スピード・ファイトが可能だった。2スピードリールは持っていても、これまでそれほど有効性を感じなかったが、水面を義経よろしく飛び回るブラックに対してはその効果がはっきりと感じられた。
ブルーマーリンの場合はダイブした時に1対1に切り替えるくらいの使い方だったが、ブラックでは10分間のファイトでも状況に応じて5回もギアチェンジした。このように猫の目シフトをする時は、フィンノールのごとくシフト穴を入れ替えるタイプは余程の達人でないと難しい。ペンはワンプッシュなので、手の平でシフトしながらギアチェンジができる。この辺りのテクニックについては機会があれば詳しくご紹介したい。

まとめ

オーストラリアのブラックマーリン釣りは、ことほど左様に今まで私が経験した釣りとは違っていた。魚影の濃さ、その巨大さ、習性の違い、フリースプール・テクニックの違い等々、すべてが違っていた。
しかしこれは、ゴルフで例えれば、レンジの違い、芝の違い、クラブ選択と似ていて、つまりはその違いを楽しめば良いのだ。昨日ワンオンしたショートホールも、今日必ず乗るとは限らない。
そんな類似点に気付いた時、グレート・バリアーリーフの海は見事に期待に応えてくれる。そしてその演出家は、ジェフの乗る<カマリ>号である。もちろん出演は我々アングラー、特別主演女優はオージー・ブラックになる。では、当ウェブ読者のあなたが出演するかもしれない次の公演をお楽しみに!

 
 
フィッシング・テクニック
   
テクニック&ハウツー特集
ビッグゲーム.フィッシング入門
オージー流ブラックマーリン・メソッドの全貌
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック1
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック2
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック3
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック4
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック5
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック6
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック7
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック8
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック9
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック10
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック 11
『 IGFA ルール』を今一度勉強する
グリーン・スティックとティーザー
ダウンリガー・フィッシング(1)
ダウンリガー・フィッシング(2)
ダウンリガー・フィッシング(3)
ダウンリガー・フィッシング(4)
ダウンリガー・フィッシング(5)
ウルトラ・ライト・タックルの世界
メカジキに挑む
FISHING KNOTS(1)
FISHING KNOTS(2)
FISHING KNOTS(3)
FISHING KNOTS(4)
FISHING KNOTS(5)
FISHING KNOTS(6)
FISHING KNOTS(7)
FISHING KNOTS(8)
FISHING KNOTS(9)
FISHING KNOTS(10)
FISHING KNOTS(11)
ダウンリガー・ライブベイティングでビルフィッシュを狙う!
バーブレスの倫理学
バーブレスフックは本当にバレやすいか?
スタンダップの極意
 
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2006 HATTEN-SHIYOH All Rights Reserved.