BIG GAME POLICY 釣りに対する姿勢 会社案内
 
   
 
BIG BLUE CHASE KAZIKI
 
 
HOME CHASE フィッシング・テクニック ダウンリガー・フィッシング(3)

SUCCESSFUL DOWNRIGGER FISHING
日本のフィッシングシーンを大きく変える!
ダウンリガー・フィッシング(3)

コピー&フィールド・テスト/石丸益利
写真/ウェブマガジン『スポーツアングラーズ』編集部
イラストレーション/松原三千男

 
 
秋田県能代周辺の漁師は、サクラマスを釣るためにマス板と呼ばれる潜行板を使って、水深40〜50m近くまで仕掛けを潜らせて漁を行なっている。この仕掛けには、6〜8枚の潜行板が付けられており、それぞれの板の後部から1本ずつマス用のバケがセットされている。マスの泳層は時間帯や天候などによって上下に移動するので、その日のタナを確実に釣るためにも、このように幅広く探ることができる仕掛けが有効となるわけである。今回は事前に地元漁師からマスのタナについて情報を得ていたので、ダウンリガーを使用して、15〜30mの深度にルアーを流した。当日、他船からの無線連絡によると、マスは比較的表層に近いタナで喰っているとのことだったので、表層側のルアーの深度を10mに変更した。その結果、1〜2kgと小型ではあるが、銀毛化したサクラマスを数尾キャッチすることができた。
 

実践編/秋田県能代沖のサクラマス

イタマスとは、サクラマスが肥満して体高が著しく高くなり、丁度、料理に使う“まな板”のように長方形に近い形をしたものを言う。また、この地方ではこの時期釣れるマスをホンマスとも呼ぶが、基本的にはサクラマス系のマスで、体型や大きさによって、その呼び名を変えているようだ。通常このマスは、水深30mから40m付近のタナを遊泳しながら、エビやイワシなどを捕食しているが、天候や時間帯によっては、表層近くまで浮上してエサを捕食しているようだ。この地方の漁師は、マス板と呼ばれる小型のキール付き潜行板を1本のラインに6〜8枚付け、それぞれの潜行板から1ケずつバケを後方に流した仕掛けでマスを釣っている。この仕掛けを使うことによって水深40m近くから表層まで一度に幅広いタナを釣ることができるので、この魚のように泳層の変化が大きい魚を狙うにはとても有効な方法だといえる。

能代に到着後、とりあえず能代港へ行き、今回チャーターをした晴海丸の下見を行なった。先にも言ったように、今回のテーマがダウンリガーでマスを釣るということだったので、いかにしてダウンリガーをボートにセットするかが問題となった。晴海丸はチャーターボートのため、船に穴をあけてダウンリガーのベースを取り付けるわけにはいかず、かと言って、一般的な漁船スタイルのため、サイドデッキやトランサムにはロッドホルダーやハンドレールといった艤装品が一切なく、ジンバルマウントやレールマウントを使う事もできなかった。そこで、事前にトモの部分のイラストをFAXで送ってもらい検討した結果、トモのトランサムデッキ上に、船の幅いっぱいに、厚さ約20mmの板を船釣り用のロッドキーパーを万力代わりに利用して固定し、その板にステンレスのタッピングビスでダウンリガーを取り付けることにした。本来ならば、完通ボルトで確実にベースを固定しなければならないのだが、事前に何の準備もできなかったので、応急処置としてこの方法をとった。  
 
今回の取材で使用したタックルは、アメリカのミシガン湖などでダウンリガーを使って行なうレイク・トローリングのスタイルをそのまま踏襲した。ここにそのタックルを紹介すると、ロッドはペン社ダウンリガーロッドPD-3886(8'6")、リールはペン社320GTi、もしくはアブ7000C、それぞれのリールに16ポンドテストのモノフィラメントラインを巻いて使用。このスタイルの釣りに適したタックルとしては、スローアクションの8〜9ftロッドと中型のレベルワインド付両軸リールの組み合わせがベストである。またロッドの素材もカーボン含有率があまり高過ぎず、グラス素材が多少含まれたねばりのあるロッドの方が良いだろう。ルアーについては今回あまり多くの種類を試すことが出来なかったが、サーモン、トラウト用として売られているスプーン、プラグ、ソフトベイトなどがそのままダウンリガー用として使うことができる。ルアーのカラーについては、天候・水色といった条件によって当然変わってくるが、レッドやオレンジといったカラーがルアーの一部分にでも使われているものが効果的であるように思われる。今回マスが釣れたルアーは、北海道のアキアジ用のサンマベイトとタコベイトのコンビネーションルアーで、全長が6.5cmと小型のものだったが、これから5kg以上のイタマスが釣れはじめれば、イワシに似たルアーも有効になってくるはずである。特にソフトベイトを使う時には、スプーンやプラグと違ってルアー自体にアクションがほとんどないため、ドジャーを使用することによって、ルアーにアクションを与えると共に光の反射による集魚効果を得ることができる。

右舷側のダウンリガーは、タッピングビスの締め込みが甘く、本番で根こそぎ外れてしまうというトラブルに見舞われてしまった。結果、今回使用したダウンリガーは1基のみ。もし2基使用しておれば釣果も倍増……!?
 
今回使用したダウンリガーパーツと、持参したルアーの数々。中央のシルバー・プレートがドジャーである。
 

4月の取材当日は、朝5時に能代港を出港しポイントへと向かった。この時期になると、普段ならば能代港から15分くらい沖合へ走った場所で釣れるということであったが、前日、数人の漁師に電話をかけて確認した結果、港から1時間ほど南へ下った男鹿半島の先端がこの日のポイントとなった。4月というのに能代の朝は気温は非常に低く、まだ防寒着が必要なくらいだった。ポイントに到着すると既に10艘近くの漁船が仕掛けを引いていたが、あまり釣れている様子ではなかった。とりあえず、2本の仕掛けを水深35mと20mに合わせてセットした。暫くして仲間の船から無線で、比較的表層に近い方のバチで数尾のマスが釣れたという連絡が入ったので、我々もルアーの深度を25mと10mに変更した。

今回の釣果はこの2尾のみ。1kgクラスと2kg足らずのサイズであった。ただ、サクラマスに初めて応用したダウンリガーで確実な釣果を得たことは大きな収穫であった。

深度を浅く変えてすぐに表層に近い方のロッドにストライク、1kg程度のサクラマスだった。その後1時間くらいはアタリもなかった。そして再びタナが浅い方のロッドに2kgくらいのサクラマスがヒットした。普段、湖でこのクラスのサイズがヒットした場合、ランディングまでに結構ファイトを楽しむことができるものだが、海でヒットしたものは割合にスンナリと船の近くまで寄って来て、最後に数回突込みをみせるだけだった。しかし、漁師の仕掛けに掛かってくる5kgを越えるイタマスには1号のハリスを切ってしまう程のパワーがあるものもいるということである。その後しばらく粘ってみたものの、さっぱりアタリがなくなってしまったので昼頃に帰港した。  
結局この日は、数日前からの寒波の影響か、この2尾だけに終わってしまったが、後から港に帰ってきた仲間の船も地元の仕掛けを使って6尾だけということだったので、初めてダウンリガーで狙った結果としてはまずまずであろう。今回の釣りは、釣法をもう少し研究することによって、さらに効果的にマスのタナを探ることができるという感触が得られた。そしてこの方法は、そのまま海のサーモンフィッシングにも活用することができるので、秋には北海道で是非ともサーモンにチャレンジしようと思っている。  
 
 
 

サクラマス

<分布・特徴・行動>
硬骨魚類・ニシン目・サケ科。ヤマベ(北海道)・ヤマメ(本州)・アメゴ(四国)・エーハ(九州)とよばれるものの原種で、サハリン・千島・沿海州・朝鮮半島東岸・カムチャッカ及び日本においては、伊豆半島東岸以北の太平洋側と日本海全域などに分布するが、南日本でも漁獲されることがある。
体長60cm位に達し、体の背方は暗青色で少数の小黒点が散在する。体側はキラメク銀白色でウロコが落ちやすい。腹面は白色。背ビレに大きい一黒色斑がある。産卵期には、ピンク色と黒色の雲状の斑絞ができ婚姻色を見せ、オスは吻が延長し、サケのように俗にいう鼻曲りとなる。
親魚は、4〜6月頃に産卵のため生まれた川に遡りはじめ8〜9月頃(産卵期)に上流の水深30〜60cmの礫底に産卵する。卵は、3,000〜4,000粒で40〜60日位で孵化する。稚魚は、おもに水生昆虫類を捕食しながら淡水中で1年を過し、体長12〜18cmに達した4〜5月頃、パーマークが消えギンケ化して海へ下る。海へ下ったサクラマスは、海で1〜2年間を過し、生後3〜4年目に体長50〜60cm位に育って、雪代が消え桜の花が咲く頃に生れた川に母川回帰して産卵のため遡上する。このことから「桜マス」の名がある。産卵が終るとサケと同じように死を迎え、流れに身をゆだねる。海洋での生活状態は、不明の点も多いが、他のサケ・マス類と同様に北洋で広く索餌回遊するものと考えられている。海洋生活中は小魚を好食する。サクラマスは、太平洋に生息するサーモン6種類のうちで、日本近海に棲む唯一の種類である。

 


<秋田県でのサクラマス釣りの規制>
川へ遡上したサクラマスは、北海道は全河川、東北の一部を除いた河川では周年禁漁で釣りをすることはできない。秋田県の海においては、今現在、期間、区域などの規制はない。ただし釣法については、延縄漁法が禁止されている。プレジャー・ボートでの釣りの規制はない。

<問い合わせ>
秋田県男鹿市船川港台島字鵜崎
秋田県水産振興センター
電話0185-23-3243

 
 
フィッシング・テクニック
   
テクニック&ハウツー特集
ビッグゲーム.フィッシング入門
オージー流ブラックマーリン・メソッドの全貌
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック1
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック2
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック3
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック4
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック5
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック6
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック7
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック8
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック9
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック10
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック 11
『 IGFA ルール』を今一度勉強する
グリーン・スティックとティーザー
ダウンリガー・フィッシング(1)
ダウンリガー・フィッシング(2)
ダウンリガー・フィッシング(3)
ダウンリガー・フィッシング(4)
ダウンリガー・フィッシング(5)
ウルトラ・ライト・タックルの世界
メカジキに挑む
FISHING KNOTS(1)
FISHING KNOTS(2)
FISHING KNOTS(3)
FISHING KNOTS(4)
FISHING KNOTS(5)
FISHING KNOTS(6)
FISHING KNOTS(7)
FISHING KNOTS(8)
FISHING KNOTS(9)
FISHING KNOTS(10)
FISHING KNOTS(11)
ダウンリガー・ライブベイティングでビルフィッシュを狙う!
バーブレスの倫理学
バーブレスフックは本当にバレやすいか?
スタンダップの極意
 
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2006 HATTEN-SHIYOH All Rights Reserved.