BIG GAME POLICY 釣りに対する姿勢 会社案内
 
   
 
BIG BLUE CHASE KAZIKI
 
 
HOME CHASE フィッシング・テクニック ダウンリガー・フィッシング(1)
 

SUCCESSFUL DOWNRIGGER FISHING1
日本のフィッシング・シーンを大きく変える!
ダウンリガー・フィッシング(1)

取材・文/中島新吾
フィールド・テスト/石丸益利

フネからのフィッシングは、たしかに陸からのそれよりも自由にポイントを探れる。しかし、ルアーにしてもベイトにしても、それで一定の水深を探りつづけるというのはとても難しい。そこで今回は、ダウンリガーを小型のセンターコンソーラーにセットし、岸壁などからのキャスティングでも狙えるポイントで、新しい試みにトライした。場所は首都圏のアングラーにお馴染みの横浜ベイエリア、そして狙うのは中層を悠々と泳ぎ回っているに違いないシーバスである。

従来のトローリングシステムでは引くことが困難であった中層からボトムを効果的に狙うために開発されたのがダウンリガーである。しかも、ダウンリガーにセットされる様々なタイプのラインリリースを駆使することによって、キャスティングに使われるようなライトスピニングタックルでのトローリングも可能なものにした。ダウンリガーを使用する際の仕掛けも特別なものはまったく必要としないので、通常のトローリングまたはキャスティング用のものがそのまま使える。

大仰ではないダウンリガー

ダウンリガー。当ウェブ読者諸兄の多くは、その名前に聞き覚えがあることだろうし、それがボートフィッシングでなかなか威力を発揮するエキップメントでありそうだ、というあたりまではご存じのこととは思う。ただ、日本のスポーツフィッシング・シーンでは、まだ少数派の艤装品であることもまた確かだし、それがどんな場面で使われるのか、具体的な紹介をされる機会が少なかったこともあって、なんとなく“大仰な舶来の釣り道具”的な誤解をされているフシもないではない。しかし実際のそれは、確かに舶来のものではあるし、さまざまな工夫がされた道具ではあるが、決して大仰なものではない。
実は、この“大仰なものではない”というのが、この記事の目的のひとつでもある。場所は横浜、狙いはシーバス。岸壁から、あるいはローボートまで含めたごく小型のボートでも狙える魚を、ダウンリガーを取りつけた小型のフィッシングボートで釣ろうというわけだ。むろん、そこにはダウンリガーならではの特性が、大いにここのフィッシングに生かされるであろうという理由もある。

 
 
そもそも、端的に言ってしまえば、一定の水深を保たせながら、フネでルアーなりベイトなりを引くための道具がダウンリガーである。確かにボートや岸壁からのキャスティングでも、中層を探ることができるが、その場合は、あくまでも“点”。どんなルアーを使ったとしても、それは最終的に水面に向かって引き上げられることになる。しかしダウンリガーでルアーを引いた場合は、“線”で中層を探ることができる。魚がいるであろう水深にルアーを留め、それを引く。しかも、ダウンリガーの場合、ヒットと同時にラインはウェイト(ダウンリガーで引く錘)からリリースされるから、それから先は十分にファイトを楽しむことができるのである。通常のキャスティングやトローリングではできない、ダウンリガーを使ったライトタックル・フィッシングのメリットというのはここだ。
もちろん、ウェイトの水深というのは自由に設定できるし、引きながらそれを変化させることもできるから、それによる“探り”の範囲は広い。ラインに錘を付けてルアーとかベイトを沈ませるのとは違い、その水深設定の自由度は実に高い。これにボートの左右への動きを加えると、“線”で探るとはいうものの、その線は、3次曲線ともなりうるのだ。

小型ボートにフィッティング

この取材で使ったフネはジャベリン181SS。18フッターのセンターコンソーラーだが、バスボートをはじめとして、フィッシング系のボートには多くのノウハウを持つメーカーのモデルらしく、コンソール前方にはキャスティングなどのためのスペースが十分に設けられ、ヘルムシート下にはクーラーボックス、船尾にはライブウェルが備わる。全長6mに満たない小型のモデルだが、フィッシングのために生まれたボートならではの、戦闘的な印象を与える1艇であった。これに、2基のダウンリガーをセット、2基とも米国のキャノン製で、1基は“Digi Troll II”というコンピュータ内蔵の電動モデル、もう1基はUni Troll(手動式)。今回はこれらにテレスコピック・ブームという2フィートから5フィートまで伸縮自在のブームを取り付けた。ダウンリガーの基部には“ロープロファイル・スイベルベース”。これはダウンリガーを45度刻みで回転固定するベース。ウェイト(錘)は片側10ポンド、片側に6ポンドを使用した。

 
キャノンのダウンリガーは、ロッドホルダーを利用し、ジンバル・マウントでセットした。

ジャベリン181SSに2基のダウンリガーをセット。小型艇が一気にその戦闘力を増す。
  フネにダウンリガーをセットする方法はいろいろあるし、そのためのアダプタ類も非常に充実しているが、今回はフネに取り付けられていたロッドホルダーを利用し、“ジンバル・マウント”を使ってセット。これはロッドホルダーに差し込んで使うマウントである。なお、こういったダウンリガー自体の解説や、そのセッティングに関しては、今後あらためて当ウェブ上でノウハウ記事を組む予定でいるので、そちらを楽しみにしていただきたいが、特に今回使用したキャノンの場合はバリエーションも豊富で、アダプタ類もシステマティックに揃えられているのが特徴である。
使ったタックルは通常のキャスティングとほとんど変わらない。まずひとつは7フィートのグラスファイバー製スピニングロッドで、6〜16ポンドクラスのもの。調子はライトからミディアムである。いつもはキャスティングに使用しているものである。もうひとつは“ダウンリガーロッド”と呼ばれる8フィート6インチのやはり同クラス。調子はミディアムである。ダウンリガーロッドといっても、実はそれほど特別なものではなく、キャスティング用のものとそれほど違わない。ただ、後述する理由で、調子がダウンリガーに合ったものにしてある。こういったロッドは、サーモン相手のダウンリガー・トローリングによく使われるタイプということだ。  
2基のダウンリガーにはテレスコピック・ブームとロッドホルダーがセットされていた。今回使用したタックル程度ならば、十分にこのロッドホルダーで支えることができ、位置的にもなかなか使いやすい。

ちょっとしたコツはあるが……

最初に述べたように今回の狙いはシーバス。ポイントは工場/発電所の排水口回りやバースまわりのパイルが打ち込んである場所等々、キャスティングの場合と変わらない。むろん、ボードならではの利点、つまり、陸からではアクセスしにくい場所でも狙えるというところも同じである。
まずフネを低速でゆっくりと進ませる。そのときの速度は、そのとき引くルアーなどの動きに合わせるというのが原則。今回は、ミノー、小型スプーン、サーモン用のトローリングスプーン、さらにソルトウォーター用のフライ(ドジャー併用)などを用意したが、どれも特別なものというわけではなく、これまた通常のキャスティングなどでも使われているものが中心である。ダウンリガーのタックルのセットは、いくつかの点に注意さえすれば、それほど難しいものではない。
まず、最初にルアーをフネの後方に流し、適宜ラインを繰りだす。このとき繰りだしたラインの長さが、ダウンリガーのウェイトとルアーの距離となる。次に、ラインを取り、それをウェイトに取り付けられたリリースにセット、リリースはクリップタイプを中心にいくつかの種類があるが、クリップタイプの場合は、ラインを挟む位置で開放値を調整することになるので、あらかじめどの位置でどのくらいの開放値となるのかテストしておく必要がある。最終的には使うラインの強度や対象魚で決定することになるわけだから、ある程度は経験則ともいえる。リリースへのセットが済んだらいよいよウェイトを水中へ下ろすが、同時にリールからのラインも繰りださなければならないのは当然である。
フネが動いているため、ダウンリガーのラインやウェイトは水圧を受け、フネの真下にはない。ダウンリガーには繰りだしたワイヤーの量を把握するためのカウンターが備わっているが、これはあくまでもひとつの目安として考えるべきだろう。
ウェイトを必要なだけ下ろしたら、ロッドのリールを巻き、ラインがピンと張るようにテンションをかけておく。これはヒットに対してできるだけダイレクトにロッドの反発力で対応するため。ウェイトはフネの速度や潮流でけっこう容易に動き回るからロッドはかなり弾性のあるものでないと対応できない。前述したダウンリガーに合った調子というのは、このためのものである。


ダウンリガーのウエイトとロッドの間のラインはテンションのかかった状態にしておく。ヒットし、ラインがリリースされた瞬間から、ロッドの弾力とリールのドラグを効果的に作用させるためだ。

 


今回使用したのは、ミノー、小型スプーン、サーモン用トローリング・スプーン、そしてソルトウォーター用のフライ。フライにはドジャーを併用した。


キャノンのラインリリース。ラインリリースは各種用意されているが、上はオフショア・ラインリリース、下は插力を調整できるユニバーサル・ラインリリース。


これはまた別種のラインリリースを使った例。適当な長さにラインを繰りだしたら、その途中で手繰り、リリースにセット、これを水中に下ろしていく。


ダウンリガーのウエイトを下ろす。その際、同時にラインも繰りださなければならない。スピニングリールを使用した場合はベイルを起こすか、ドラグを緩める。

もちろん、その効用は十分

狙ったポイント付近で、狙った水深にルアーを沈め、ボートを走らせる。ただ、注意しなければならないのは、水中の構造物や根などだ。ルアーを引っ掛けるくらいならまだしも、ダウンリガーのウェイトを引っ掛けてしまうと困ったことになる。もし、魚探を装備していたなら、特にそういったところには気を付けたい。危なそうなところは十分に迂回してフネをすすめよう。
ヒットすると、ラインはダウンリガーのリリースから外れ、あとは通常のファイトと同じ。むろん、そのときにはダウンリガーのウェイトを素早く巻き上げる。もしも、フネの動きでアングラーをフォローしなければならない場合などは、ヒットしていない側のダウンリガー(と流していたルアー)も巻き上げなければならないのは当然である。
さて今回の釣果は? 残念ながら期待のシーバスはダメだったが、もちろんちゃんとダウンリガーの効用は確かめられた。

 
このポイントは陸からも狙える位置だが、ダウンリガーは連続して中層を探っていけるというメリットがある。
 
最初に予定していたバースには大型船が入港していたので近付けなかったため、通常はキャスティングなどで楽しむポイントへ移動。4〜10mくらいの水深を中心に探ったところ、しっかりとヒットがある。なかには少々魚が小型で、ウェイトからラインがリリースされなかったケースもあったが、そんなときはロッドを2〜3回あおってやれば外れる。スプーンはもちろん、ソルトウォーター・フライ+ドジャーという組み合わせもなかなか効果的で、ちゃんとヒットする。また、今回使用したフネには魚探が搭載されていたので、それで見つけた魚群らしいものに、すかさずルアー深度を合わせるということもできた。このあたりは、さすがにダウンリガー。
シーバスをはじめとした、ライトタックルの世界でも、ダウンリガーというのは確実にその楽しみを広げてくれる。ダウンリガーというのは、なにもビッグゲームだけを対象としたエキップメントではなく、さまざまな場面で、さまざまなスタイルで使える、便利で手軽なエキップメントなのである。

魚探はぜひ併用したい。魚群の発見以外、水中の障害物にウエイトを引っ掛けないためにも役立つ。
 
ヒット! ラインはリリースされているから、あとは通常のファイトと同じく楽しめる。
 

今回は手軽に楽しめるスポーツフィッシングへのダウンリガーの応用を考えてみたが、今後、さまざまなカタチで、ダウンリガーとの付き合い方を記事にしていく予定だ。フィッティングから、実際の釣行まで、さまざまな企画が現在進行中である。

※ダウンリガー等に対するお問い合わせは、
ユニコン・エンジニアリング・サービス(株)
電話0466-27-8119(代表)

 
フィッシング・テクニック
   
テクニック&ハウツー特集
ビッグゲーム.フィッシング入門
オージー流ブラックマーリン・メソッドの全貌
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック1
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック2
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック3
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック4
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック5
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック6
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック7
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック8
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック9
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック10
ドン・マンのビッグゲーム・テクニック 11
『 IGFA ルール』を今一度勉強する
グリーン・スティックとティーザー
ダウンリガー・フィッシング(1)
ダウンリガー・フィッシング(2)
ダウンリガー・フィッシング(3)
ダウンリガー・フィッシング(4)
ダウンリガー・フィッシング(5)
ウルトラ・ライト・タックルの世界
メカジキに挑む
FISHING KNOTS(1)
FISHING KNOTS(2)
FISHING KNOTS(3)
FISHING KNOTS(4)
FISHING KNOTS(5)
FISHING KNOTS(6)
FISHING KNOTS(7)
FISHING KNOTS(8)
FISHING KNOTS(9)
FISHING KNOTS(10)
FISHING KNOTS(11)
ダウンリガー・ライブベイティングでビルフィッシュを狙う!
バーブレスの倫理学
バーブレスフックは本当にバレやすいか?
スタンダップの極意
 
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2006 HATTEN-SHIYOH All Rights Reserved.